ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リストバンド型活動量計『Fitbit Flex』のFitbit社が国内での販売強化を発表 新製品の発売予定についても言及

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


リストバンド型活動量計『Fitbit Flex』などの製品で知られる米Fitbit社は、1月22日にプレス向け説明会を開催。国内向けの販売を強化していく方針を発表し、今後の新製品の発売予定についても言及しました。



米国では活動量計の分野で2013年に64%、2014年に67%とシェアを伸ばしているという同社。自身を運動不足と認識している人が多く、腕時計・リストバンド型のウェアラブル端末の市場の伸びが予想される日本市場に新製品を投入し、アプリで管理する食品データベースにも10万件以上の日本食のデータベースを追加して日本でもシェア拡大を狙います。


新製品の『Fitbit Charge』は3月から4月に発売を予定。OLEDディスプレーを搭載し、歩数や距離、消費カロリーといった数値、スマートフォンへの着信時に発信者名を表示することができます。睡眠の計測ではモードの切り替え操作が不要に。質感のある加工を施したデザインが特徴です。


『Fitbit Charge』に心拍数の計測機能を加えた『Fitbit Chaege HR』、GPS機能や音楽再生機能などを加えたスマートウォッチタイプの『Fitbit Suege』は2015年内の発売を予定しています。

Fitbit
http://www.fitbit.com/jp/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP