ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これからは苺が恋しい季節!パティスリーキハチが、魅惑の新品種“スカイベリー”を使用したケーキフェアを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パティスリーキハチ各店舗(一部店舗除く)にて、新品種“スカイベリー”を使った9種類のケーキを販売する「スカイベリーフェア」が2月18日~3月3日に開催!

スカイベリーとは、とちおとめ以来、栃木県が17年の歳月をかけて10万株以上の中から生まれた苺の新品種。とても大粒で形がよく、ジューシーなおいしさがその特徴だ。

今回開催する「スカイベリーフェア」では、そんな“スカイベリー”の大きさや形、味を活かした様々な味わいの9種のケーキを販売する。

「苺モンブラン スカイべりー」(627円)は、スカイべりーが丸ごと1粒入った贅沢な1品。丹波大納言粒あんと求肥でスカイべりーを包み込んだ、“いちご大福”をイメージしたモンブランだ。

ジューシーなスカイベリーにあわせ柔らかめに仕上げたシュー生地の「苺のシュークリーム スカイベリー」(540円)や、ホワイトチョコレート入りミルフィーユに見立てた「苺のサブレミルフィーユ スカイベリー」(670円)などのケーキが6種類登場する。

また、3~4名で楽しめるホールケーキも登場!スカイベリーを苺ジャムとマスカルポーネクリームとともにふんわりと巻き上げた「苺のロール スカイベリー」(2268円)のほか、「苺のアントルメ スカイベリーロゼ」「苺のアントルメ スカイベリーブラン」(各2268円)がお目見えする。

2月~3月は苺の旬。ぜひ、あまおうと並ぶプレミアム苺として注目をされる新品種スカイベリーの味わいを堪能したい!詳しくはこちら(http://www.kihachi.jp/news/patisserie/patisserie_34.html#000166)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP