ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【BET Honors】にメアリー・J.ブライジ、Ne-Yoらパフォーマンス出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 【The BET Honors 2015】にて、メアリー・J.ブライジ、トレイ・ソングス、チャーリー・ウィルソン、ジル・スコット、Ne-Yo、パティ・ラベル、K.ミッシェルがパフォーマンスを披露することが明らかになった。

 今年で8回目となる同式典はワシントンDCにあるワーナーシアターで1月24日に収録され、2月23日にブラック・エンターテインメント・テレビジョン(BET)ネットワークスにて全米で放映。28日にはBETの国際ネットワークを通じて放送される予定だ。

 アート、音楽、演劇、教育、テクノロジー、ビジネスにおける功績を称える【The BET Honors】にて、アッシャーがミュージカル・アート賞を、カニエ・ウェストがヴィジョナリー賞を受賞。さらに、アフリカン・アートのスミソニアン協会国立博物館ディレクターであるDr.ジョネッタ・B.コール(エデュケーション賞)、女優/歌手/演出家のフィリシア・ラシャド(シアトリカル・アート賞)、Microsoftの社長兼Virtual InstrumentsのCEOであるジョン・W.トンプソン(ビジネス&テクノロジー賞)がそれぞれ受賞する。

 テレビ司会者のウェイン・ブレイディが【The BET Honors】2度目となるホストを務めるほか、各賞のプレゼンターは俳優のアンソニー・アンダーソン、ダイアン・キャロル、グリン・ターマン、シンガーのボビー・ブラウンなどが務める。

関連記事リンク(外部サイト)

JSBXが“黒人音楽を取り入れた”新作アルバムを4月に発売 ジョンスぺ流ダンス・ミュージックに期待大
アレクサンドラ・スタン “小悪魔なカリスマ”が3月に初単独ツアーを開催
ジャズの女王ダイアナ・クラールの新作が1/28に発売 その最新映像も公開中

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP