体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜の老舗『磯村屋』で「おでん」を食す!

isomura-1_R

最近は『横浜橋通商店街』に首ったけな筆者ですが、今回はチョイと足を伸ばして「おでん」の名店『磯村屋』を紹介してみましょう。
場所は阪東橋駅から『横浜橋通商店街』を歩いて通り抜け、そのまま適当に道なりに進むと左手にあります。この辺りは古き良き下町の風情が残っている地区で激シブな店が今でも残っています。

そんな中でも一番有名なのが『磯村屋』でして、何度もメディアで紹介されています。そして、あの『私立探偵 濱マイク』(2000年放送)でも登場していたりします。
さらに俳優の浅野忠信さんも子供の頃から通っていたり、クレイジーケンバンドの小野瀬雅生さんもちょいちょい訪れています。
当然、その激シブな店の構えから『キタナシュラン』でも紹介され、三つ星を頂いている名店なのです。

isomura3_R

磯村屋と言えば『三色焼きそば』である

そんな『磯村屋』の看板メニューとも言えるのが『三色焼きそば』です。まず『磯村屋』の焼そばシステムを説明すると、ベースとなる「焼そば」はキャベツが入っていて小盛り250円、大盛り300円、それにトッピング「肉」(豚肉)やら「ポテト」が乗ると+50円となります。

そしてトッピングが3種類入る『三色焼きそば』となります。ちなみに『三色焼きそば大盛り』でも400円と、かなりリーズナブルな下町価格に設定されているのが素晴らしいですね。

isomura2_R

この「磯村屋の焼きそば」は全て「おかあさん」の手によって作られます。つまり「焼きそばを作り続けて60年」と言う事でして、もはや「焼きそばの神様」と言っても過言ではない圧倒的な経験と技術で現在も作り続けられているのです。

そして味の方ですが、いわゆる昨今の「焼きそば」と比べると若干、おとなしめな優しい味に仕上がっています。なので「焼きそば」が提供される時に

「好みでコショウとソースを使って下さい」

との説明があったりします。つまり、あえて薄味に仕上げているから、あとは好みでアレンジして下さいと言う仕様なのです。
麺は細麺で数種類のソースをブレンドしたと言われる秘伝のソースには良く合います。あと突っ込むのを忘れていましたが

「焼きそばにジャガイモってどうよ?」

みたいな案件ですが、まあコレはコレでありかと。とりあえず「ボリュームを出す」と言う店側の狙いは達成されているし、オリジナリティあるトッピングとして提供され続けているので、ある意味「完成された味」と言えるでしょう。

なので、とりあえず『磯村屋』に訪れたら『三色焼きそば』は確定です。あとボリュームは比較的抑えめなので「大盛り」と言う選択肢も有効でしょう。

isomura4_R

磯村屋と言えば「おでん」である

『磯村屋』で忘れてはならないのが「おでん」です。ついつい『三色焼きそば』に気を取られがちですが、何気に『磯村屋』の「おでん」はレベル高いです。

ちなみに2015年1月現在の価格は「おでん1個85円」となっており、これまた「おでんマニア」には堪らない価格設定には脱帽です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。