ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本格剣アクション・殺陣に挑戦!『アイアンガール ULTIMATE WEAPON』明日花キララインタビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


無法地帯と化し、野盗たちがはびこる近未来の某国。野盗狩りを生業とするバウンティハンターたちの中でも最強と言われる美女クリスは、驚異的な力を持つアーマードスーツを装着していることから、“アイアンガール”と呼ばれていた……。

2012年に公開されたアクション映画『アイアンガール』の続編『アイアンガール ULTIMATE WEAPON』が現在公開中。人気セクシー女優・明日花キララさん演じるクリスがさらにパワーアップして帰ってきました!

今回は明日花キララさんご本人に映画の見所や苦労した点などをインタビュー。色々とお話を伺ってきました。

―今回、2年ぶりの『アイアンガール』となりましたが、続編決定のお知らせを聞いた率直な感想を教えてください。

明日花キララ:1作目を撮り終えた後も、ずっと続編をやりたいなと思っていたので嬉しかったです。でも、続編が決まったよと言われたのがクランクインの一ヶ月前で。前作よりもパワーアップしていないといけないのに、そんな短期間で体作り出来るだろうかとすごく不安で。毎日泣きながらマネージャーさんに「本当に一ヶ月後なの?」と弱音を吐いていました(笑)。

―そんな不安を感じていたなんて思えないほど、とても格好良くて迫力のあるアクションになっていましたよ。

明日花キララ:そう言っていただけると本当に安心します。アクション監督の柴原さんからの指導や、柴原さんの教室に通いながら、日程が合わずに行けない時も多かったので自分でキックボクシングも練習して。真夏に、夜中の公演で蹴りの練習をしていました。本作は剣のアクションが多かったので、覚える事がとにかくたくさんありましたね。普段の生活で剣を使う事なんてないので、まるで素人の中、殺陣を覚えるというのは大変でした。


―炎のシーンも大迫力でしたね!

明日花キララ:クールなキャラクターなので、炎に驚いたり、ちょっとでも表情に出したりしてはいけなかったので苦労しました。

―全然表情に出てなくて、格好良かったです! 暑いだろうになぜ汗をかかないんだろうと感心していました。

明日花キララ:見えないだけで、実際は汗ダラダラなんですけどね。真夏だったので、メイクさんが氷のうをたくさん用意してくださって、撮影前ギリギリまで首を冷やしていたり、色々と工夫をしていました。


―そして、『アイアンガール』の魅力の一つがこのクールでセクシーな衣装だと思うのですが、明日花さんのスタイルだからこそ着れる衣装だと思います。体型維持のために気をつけている事はありますか?

明日花キララ:こうしたインタビューなどで聞かれる事が多いのですが、私本当によく食べるんですね。男性よりもガッツリ食べると思います(笑)。でも、今回の映画の場合はこの衣装がサウナスーツ代わりなのと、アクションの練習で3、4kg落ちましたね。アイアン・ダイエットでした(笑)。

―好きなだけ食べて、なんとうらやましい……。劇場ではそんな明日花さんの素晴らしいスタイルも堪能していただきたいですね。

明日花キララ:本作はアクションシーンはもちろん、ストーリーや共演した皆さんの気合も全てパワーアップしています。そして、セクシーなシーンもたくさんあるので、ぜひ映画館に遊びにきてください。本当は恐くて仕方なかった炎のシーンにも注目してくださいね(笑)。

―今日はどうもありがとうございました!
(撮影:周二郎探検隊)

【お知らせ】連日キャスト登壇イベント開催中。23日は明日花キララと森下悠里が登壇します!

『アイアンガール ULTIMATE WEAPON』ストーリー

無法地帯と化した近未来の某国。跋扈する野盗たちが人々の生活を脅かすようになった社会で、野盗狩りを生業とするバウンティハンターたちが戦っていた。その中でも“最強の存在”と呼ばれるのが、底知れぬパワーを発揮するアーマードスーツを装着して、無法者たちをなぎ倒す1人の美女。人は彼女を“アイアンガール”と呼んでいた。アイアンガールことクリス(明日花キララ)は、名前以外、全ての記憶が失われていた。自分は誰なのか?どこから来て、どこへ向かおうとしているのか?記憶を取り戻すべく、彼女の孤独な戦いは続く。果たして、彼女の正体は?見え始めた“真実”と見失った“愛”に引き裂かれ、鋼鉄の女神は葛藤する……!

http://iron-girl2.com/

(C)2014「IRON GIRL 2」製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP