ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

着るだけで一日500カロリーの脂肪を燃やす!? NASA技術者開発のハイテク・ベスト『The Cold Shoulder Calorie Burning Vest』が出資募集中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

着るだけで一日500カロリー痩せられる!? 驚きのハイテク・ベスト『The Cold Shoulder Calorie Burning Vest』

世の中は、ダイエットにチャレンジしても痩せる事の出来ない人が沢山居ます。
色々なダイエット食品、ダイエット方法、スポーツトレーニング等等・・・。
ワタクシもご多分に漏れず、デブです。なかなか痩せる事が出来ずに困っています。
そんな中、ダイエット業界震撼の新商品が、『kickstater』で発表されました。
・・・なんと、『着るだけで』の『一日500カロリーの脂肪を燃やして痩せられるベスト』という代物です・・・。

『The Cold Shoulder Calorie Burning Vest』:ハイテク・ダイエット・ベストです。取り急ぎご報告致します。

驚きのハイテク・ベスト『The Cold Shoulder Calorie Burning Vest』とは?

The Cold Shoulder Calorie Burning Vest
https://www.kickstarter.com/projects/969324769/the-cold-shoulder-calorie-burning-vest?ref=category_popular

NASAの科学者Wayne B. Hayes博士による、この画期的なベストは軽度の『cold exposure(寒冷暴露)』によりダイエットを行おう、というものです。

要するに、「体を冷やしてダイエットしよう」という商品なのです。

「・・・そんな事でダイエット出来るの?」とお思いの方も多いと思いますが、Wayne B. Hayes博士によると様々な実績やデータの蓄積によるものなんだそうです。

「・・・でも、寒いの苦手だし?」 

そんな人にも博士は問いかけます。(以下、意訳です。)

「ダイエットの為に、飢えを感じるまで、自分自身を追い込むの?」
「ゼロカロリーの粘土みたいな味のダイエット食品を食べる?」
「辛い思いをしながら、ジムに通う?」
「不眠症状または過剰刺激の副作用を持っているかもしれないサプリメントを摂取する?」
「薬物注射?脂肪吸引?脂肪細胞を凍結?胃腸手術?」
『The Cold Shoulder Calorie Burning Vest』は副作用がないんですよ、日常的に着用しても、問題ないんですよ、と。(←あくまでも博士の意見の意訳)

通常、貴方がソファに座って、テレビを見ている場合でも、貴方の体は暖かく過ごすためにカロリーを消費する必要があります。博士はその原理を利用して、軽度な寒冷暴露をダイエットに活用する方法を見つけ出しました。
実は寒冷暴露ダイエットのアイデア自体は、一般的なメディアにも徐々に浸透し始めているようです。
しかし問題は、多くの場合コールドシャワーや氷風呂のように、寒冷暴露の痛みを伴うか、非現実的な方法を推奨している事です。それはちょっと過激過ぎます。
何かもっと良い寒冷暴露ダイエットの方法は無いだろうか。…と研究していた博士は、ある日アイデアがひらめきました。

「肩と背中を冷やすベストを作れば、それを着ている間にカロリーを消費出来るのでは?」

そうやって出来たこのベスト、効果は以下の通りです。(↓あくまでも博士の実験結果)

ビフォー・アフター。なんてことでしょう!

このベストを『kickstater』で出資すると、以下のメリットがあるそうです。

運動せずに痩せられます。
時間を節約できます。
ファッショナブルに、快適にダイエット出来ます。
筋肉痛が軽減出来ます。
ファッショナブルです。
卸売価格で直接入手出来ます。

現在は$125から出資を募集中の様です。


「商品化が楽しみですね!」

※kickstarterの情報は1/17執筆時点のものです。クラウドファンディングへの出資については、筆者及び編集部はその内容を保障するものではありません。クラウドファンディングの世界はあくまでも自己責任のルールです。ご注意下さい。
※ 『The Cold Shoulder Calorie Burning Vest』 の記事の執筆に当たっては、Wayne B. Hayes博士に執筆の連絡を行っております。
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP