ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

丸めて収納可能!ビジュアルでピアノを独学できるキーボード型ガジェットが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大好きなあの曲を自分でも演奏してみたい!密かにそんな夢を抱いている人も、少なくないのではないだろうか?

アメリカでプロのピアニストとして活躍しているMatt Curneyさんが、その夢を叶えてくれるかもしれない。

Curneyさんは、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、「PiANU」という楽曲練習用デバイスへの出資者を募集しているのだ。

PiANU」の使い方は簡単で、マット状の鍵盤をPCに接続し、専用サイトを開くだけ。

サイト上には、映画「アナと雪の女王」の「LET IT GO」やエド・シーランの「A TEAM」などの楽曲が掲載されており、実際にどの指で、どの鍵盤を叩くべきかがビジュアル的にわかるようになっている。

イメージとしては、ゲームセンターによくある音楽ゲームに近いだろう。

また、キーボードマットは丸めて収納でき、スペースをとらないのが嬉しい点。

これなら、独りでもゲーム感覚で練習ができ、気づいたら弾けるようになっていた、なんてこともありそう。

現段階でPiANUを手に入れられる出資額は、45ドル(約5300円)から。

出資期限の2月5日まで、まだ2週間以上残っているにも関わらず、すでに目標額の5000ドル(約59万円)の5倍以上の資金が集まっている。

手軽にピアノを練習してみたい人は、出資を検討してみては?

Kickstarter(PiANU)
https://www.kickstarter.com/projects/1849388916/pianu-a-new-way-to-play-piano
Youtube
http://youtu.be/3BJ1EHjjoyk
PiANU
http://playpianu.com/

Kickstarter(まとめ)

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP