体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『第87回アカデミー賞』候補作が発表 日本公開を控える注目映画5作品をまとめてチェックしよう!

AMERICAN SNIPER

現地時間の1月15日、『第87回アカデミー賞』のノミネート作品が発表となりました。作品賞にノミネートされたのは、『アメリカン・スナイパー』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『6才のボクが、大人になるまで。』『グランド・ブダペスト・ホテル』『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』『Selma(原題)』『博士と彼女のセオリー』『セッション』の8作品。

この中から今回は、これから日本公開されることが決定している5作品をまとめて紹介。ぜひ、みなさんの“観たい映画リスト”に追加してくださいね!

アメリカン・スナイパー

AMERICAN SNIPER

クリント・イーストウッド監督が、ブラッドリー・クーパーを主演に迎えて描く、伝説のスナイパーの真実とその半生の物語。作品賞に加えて、主演男優賞(ブラッドリー・クーパー)など計6部門にノミネートされています。

原作は13週に渡りニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー1位を獲得したクリス・カイルの自伝。彼が米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊し、イラク戦争でどのような戦いを繰り広げたのか、そして彼の活躍を家族はどのように見守ったのかが鮮明に記されています。

筆者は一足早く映画を鑑賞済み。日本人からすると、自伝の内容は“マッチョなアメリカ野郎が語る戦争自慢話”という印象を抱く方も多いかもしれませんが、スクリーンでは見事な映画的カタルシスを感じる作品に仕上がっていました。戦争映画を敬遠しがちな人でも、ある男とその家族の物語として楽しむことができます。イーストウッド恐るべし。

日本公開は2月21日(土)より。なお、ガジェット通信では、本作の脚本を務めたジェイソン・ホールにインタビューを予定しているので、そちらもご期待ください!

『アメリカン・スナイパー』公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/[リンク]

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン

『バベル』などシリアスな人間ドラマで高い評価を得ているメキシコのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が描くブラックコメディ。かつて“バードマン”というヒーローを演じて時の人となった俳優が、再起をかけてブロードウェイの舞台に挑戦する姿を描きます。

面白いのは、主演にティム・バートン版『バットマン』のマイケル・キートンを迎えていること。非常にややこしいですが、かつてスーパーヒーローを演じた男が、かつてスーパーヒーローを演じた男の役を演じているのです。昔の栄光を取り戻したい彼が心の中のバードマンと向き合うことで、次第に精神的に追い詰められていき……。

作品賞に加え、主演男優賞(マイケル・キートン)、助演女優賞(エマ・ストーン)など、最多の計9部門にノミネート。2015年4月に日本公開を予定しています。

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』公式サイト:
http://www.foxmovies-jp.com/birdman/[リンク]

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。