ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胎内記憶を呼び覚ます!?究極のリラクゼーション・ポッドが話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現代人にとって、情報が飛び交うワーキング・スペースはとてもストレスフルだ。

そんなふうに感じ始めた10年前から、リー・マコーマック氏はこのポッドの考案を練り始めた。

ヒントになったのは、日本滞在。

街の至るところに存在する「カプセルホテル」で日本人が当たり前のように宿泊したり、休憩したりする姿を見たことでこのスタイルを思い付いたそう。

「Orrb(オーブ)」は、働く人たちを癒やすために開発された睡眠ポッド。

楕円形の機体を開けると、そこには1台のシートが。

このポッドは外からの騒音を完全シャットアウトし、利用者に静寂を与えてくれる。

中は決して広くはないが、だからこそ母親のお腹にいた頃のような、包まれるような安心を感じられるらしい。

目の前のスクリーンに表示される、“リラックス”“集中”“テスト”“士気を高める”“瞑想”など、モードを選んで設定すると、そのモードに合った快適な空間が演出されるそう。

「オーブ」は2015年3月から販売をスタート。価格は1台1万ドル(日本円で約117万円)。

開発者のマコーマック氏いわく、ゆくゆくはオフィス以外に空港や駅といった公共スペースでの普及も目指しているとのこと。

自分のオフィスにこんな便利な休憩スペースがあったら、毎日の出勤がもっと楽しみになりそう?!

Orrb Technologies
http://orrb.com/

ガジェット(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP