体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『いい部屋ネット』の“運命の扉”が二子玉川に出現! 東京と福岡を結んだ出会いはあった!? 

destiny_door_01

全国250万件の賃貸マンション・アパートの物件情報を掲載している『いい部屋ネット』が、“運命の扉”キャンペーンの一環として、東京と福岡を結んだイベントを2015年1月11日に開催。それぞれの会場に設置された“運命の扉”を通じて見知らぬ二人が出会うという体感型のイベントということで、筆者も体験してきました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/769948

destiny_door_02

三連休でお買い物客でにぎわう二子玉川ライズ1Fの広場に出現した“運命の扉”。

destiny_door_03

内容は、二子玉川と福岡・天神のソラリアプラザとの間を中継で結び、相手と同じゲームをプレイするというもの。ランダムで出されるクイズや、指定されたマークを描くことで、二人の相性が診断されます。

destiny_door_04

なんとなく、“どこ●も●ア”を思わせる外観の“運命の扉”。距離画像センサーによりジェスチャーを認識することが可能で、お互いの姿が扉ごしに映しだされます。

destiny_door_05

参加者は、扉を開くまで相手が誰なのか分からないというのがミソ。特にドアノブを手にする際にドキドキ感が味わえたのではないでしょうか。

destiny_door_06

出題された質問は10秒間の間に解答。お互いの解答が一緒だと高ポイントに。右手に反応してキラキラとしたモーションで演出されます。

destiny_door_07

「運命の出会いがあるならば……」ということで、筆者も扉を開いてみると……。相手は男性…! 何かガッカリされている気がする……。

destiny_door_08
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。