ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy Tabの2015年モデルで名前を変更か? 「Galaxy Tab AS」や「Galaxy Tab AL」などが発売されるという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が 2015 年には少なくとも 4 機種の Android タブレットを出してくると海外の WEB サイト SamMobile が伝えました。情報源のことには触れていないので、あくまでも噂レベルの話になります。同サイトによると、Samsung は 「Galaxy Tab AS(SM-T350 / SM-T351)」、「Galaxy-Tab AL(SM-T550 / SM-T551)」、「Galaxy Tab AS Plus(SM-P350 / SM-P351)」、「Galaxy Tab AL Plus(SM-P550 / SM-P551)」の 4 機種・計 8 モデルを開発しているそうです。これまでの Samsung 製タブレットは「Galaxy Tab」の名前で投入されてきましたが、今回の噂によると、AS や AL の文字が追加されています。また 4 機種全てに Wi-Fi Only モデルとセルラーモデルがあります。Galaxy Tab AS は小型版で、Galaxy Tab4 7.0 の後継になるとみられています。また、Galaxy Tab AL は大型版で、Galaxy Tab4 10.1 の後継になるとみられています。最後の「Galaxy Tab AS / AL Plus」は、型番規則から Galaxy Note タブレットの新型で、10 インチ ~ 12 インチクラスのディスプレイを搭載していると伝えられています。Source : SamMobile


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z3のパープルカラーが2月にも発売されるとの噂(少なくとも海外で)
Mobile in Styleから新型発売? 恵安製「eden Tab 2」が技適の認証を取得
ハイレゾ対応の新型Androidウォークマン「NW-ZX2」が技適認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP