ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google「Google 翻訳」のモバイルアプリの新機能として、カメラをかざすだけで翻訳できる機能と、会話モードで言語を自動的に認識する機能の追加を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Google は 1 月 14 日(現地時間)、同社の翻訳サービス「Google 翻訳」のモバイルアプリの新機能として、カメラをかざすだけで翻訳できる機能と、会話モードで言語を自動的に認識する機能を追加すると発表しました。どちらも最近リリースされると噂されていた機能で、本日、その提供開始が正式に発表された最初のインスタント翻訳機能は Word Lens の技術を活用して、対応言語であれば従来のように撮影操作を行うことなく翻訳することができます。翻訳結果も被写体に上書きする形で表示されます。リリース時点の対応言語は英語 – ドイツ語、英語 – イタリア語、英語 – ポルトガル語、英語 – ロシア語、英語 – スペイン語、英語 – フランス語のみで、今後は他の言語もサポートされる予定です。会話モードの自動認識については、2 つの言語を翻訳しながら会話できる「会話モード」で入力された言語をアプリが認識し、自動的にもう一方の言語に翻訳するというものです。従来は話す言語別にボタンをタップしなければなりませんでしたが、自動認識に対応したことで、中央のマイクボタンを押すだで適切な言語に翻訳してくれます。これらの新機能は Android と iOS アプリに対して、数日中に配信されるアップデート版で利用できるようになります。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「ハーティ割引」の対象に特定医療費受給者証を持っている方を追加
OPPO、鏡面仕上げのメタルフレームを備えた「OPPO R1C」を正式発表
バンダイチャンネルがAndroid向けに「バンダイチャンネル見放題アプリ」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP