ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】NEWS「KAGUYA」3指標で1位、総合Hot100で初登場首位獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月7日に3形態で発売されたNEWS「KAGUYA」が、セールス、ルックアップ、ツイッターで1位、エアプレイでも10位となり、2位以下に大差をつけて総合HOT100首位となった。総合2位はSEKAI NO OWARI「Dragon Night」で、ダウンロード1位、ルックアップで2位に立ち、この2指標が牽引してエアプレイ、セールスもポイントを維持しており、10月15日のパッケージ発売開始以来、総合Hot100の上位を守り続けている。

 エアプレイで1位となったのは大原櫻子「瞳」。第56回日本レコード大賞新人賞を受賞、「瞳」は第93回全国高等学校サッカー選手権大会の主題歌となるなど、年末年始のメディア露出がエアプレイのみならず、セールス5位、ツイッター6位の好結果に繋がった。これが今週19位となったダウンロードと17位のルックアップに結び付いてロングヒットとなるか注目される。

 セールスで2位となったのはFear,and Loathing in Las Vegas「Let Me Hear」。ルックアップで11位、ツイッター23位と他指標も好調、総合7位につけている。昨年同時期にリリースした「Rave-up tonight」も同じく総合7位となっており、特にセールスは前作よりも順位を1つ上げている。

関連記事リンク(外部サイト)

1月19日付 Billboard JAPAN Hot 100
川谷絵音ひきいるindigo la Endがアルバム・リリースを発表
乃木坂46 桜井/西野/松村 連続ドラマW『天使のナイフ』に出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP