ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Intelのコンペで受賞!リストバンドになる飛行ドローンカメラでいつでもどこでも撮影

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Nixie

ウェアラブルテクノロジーが隆盛を見せ、フィットネスやランニングなどの活動記録や健康モニターのツールから、スマートフォンと連動してマルチな機能を発揮するスマートウォッチまで、さまざまな製品が登場している。

「Nixie」もウェアラブルデバイスだが、ちょっと既存のものとは一味違う。リストバンドのように腕に装着できるカメラであり、飛行ドローンでもあるというツールなのだ。

この「Nixie」はIntelが主催するMake It Wearable Challengeというコンペティションに向けて開発されたもので、参加全10チームの中から見事グランプリを獲得した。Christoph Kohstall氏、Jelena Jovanovic氏らの開発チームが手がけたプロトタイプには、Intelの新型Edisonモジュールが使われている。面白いことに、当初は“飛行するメガネ”タイプを想定していたというが、現在のリストバンド型飛行ドローンタイプにモデル変更されたという。

Nixie2

普通、自分を撮影したいときには、わざわざ動作を止めて、手を伸ばしてシャッターを押す必要があるが、それだと動きがあるダイナミックな写真や動画は撮影できず、アングルも固定化されてしまう。ありきたりでつまらない写真になりがちだ。そこで、いつでも思いついたときに写真を撮れるよう、なんとカメラを携帯しやすいリストバンドにしてしまった。

普段はユーザーの腕に巻きついたリストバンドのようだが、指令が送られると、腕から解き放たれて離陸し、中空を飛んで、ユーザーのダイナミックな写真を撮影し、その後ユーザーのところに戻ってくる。ドローンへの指令はジェスチャーでおこない、リモートコントロールが可能だ。

自分専用の携帯飛行ドローンは、ロッククライミングや自転車のアクション、登山、スポーツシーンなどで、自分のワイドショットの写真を撮影して楽しむことができそうだ。

「Nixie」では、動画撮影やパノラマモードなど、さまざまモードを搭載する見込み。「飛行して戻ってくるドローンを空中でキャッチして、リストバンドに変形させて腕に装着する」なんて、なんだかSFの世界の話のようである。

Nixie

カテゴリー : デジタル・IT タグ :

Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。