ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NEWS加藤シゲアキの処女作『ピンクとグレー』を行定勲が映画化 主演・中島裕翔ら豪華若手俳優が集結

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


人気アイドルグループNEWSの加藤シゲアキさんが2012年1月に刊行し、「芸能界の裏側描写がリアル」「事務所はよくOKしたな」などと話題になった小説デビュー作『ピンクとグレー』(角川文庫)。その衝撃の処女作が行定勲監督により映画化され、2016年に公開を予定していることが分かりました。

芸能界を舞台に、2人の青年が体験した光と影を描いた原作小説。そこで語られるのは、青春における成功と挫折、嫉妬や葛藤の物語。そのリアルな描写は、芸能界と普通の生活との境界線を知る作者・加藤さんだからこその産物と評価を集めています。

映画では、芸能界での活躍を夢見て友人と上京するも現実の厳しさに直面し、友人の成功を目の当たりしながら葛藤する主人公・河田大貴役に、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さんを抜擢。『半沢直樹』『水球ヤンキース』などのテレビドラマで若手注目株として活躍する彼が、映画初出演、初主演を務めます。

また、河田とともに芸能界という荒波の中で危うくも熱い青春を送る共演キャストに、『そこのみにて光輝く』『海月姫』の菅田将暉さん、『天然コケッコー』『海街Diary』の夏帆さん、『ランウェイ☆ビート』『銀の匙Silver Spoon』の岸井ゆきのさん、『誰も知らない』『最後の命』の柳楽優弥さんらが決定。若き実力派俳優たちの共演にも注目が集まります。

映画では原作を大胆にアレンジして再構築し、小説では描かれなかったエピソードも明かされるとのこと。原作者の加藤さん自身が今敏監督のアニメ映画『パーフェクトブルー』から着想を得たことを明かしており、その結果、ダーレン・アロノフスキー監督『ブラック・スワン』との関係も語られる『ピンクとグレー』。本人は「5年前に小説を書いたときは、映画化されるなんて夢にも思っていませんでした」と驚きのコメントを寄せていますが、果たしてどのような映画作品になるのか、来年の公開が今から楽しみです。

キャストのコメント

映画に初出演であると同時に初主演を務めさせていただくということで、全く実感が湧かずどこか他人事の様に驚いています。行定監督の作品は好きな作品ばかりで、ご一緒できるのはすごく嬉しいです。周りの出演者の方々もお芝居がとてつもなく上手な方ばかりなので、飲み込まれないようにしっかりと自分の力を発揮し、あくまでも楽しんで今まで見せてこなかった顔を出せていければと思います。
―中島裕翔(Hey! Say! JUMP)

面白いぐっちゃぐちゃな脚本、面白い一度参加してみたかった行定組、面白い過去お世話になったスタッフさん方と、面白い脇汗だくだくの本読みを経て、今面白いモノを期待せざるを得ません。心拍数上がりっぱなしです。俳優部として真摯に阿呆な様を貫いて演じ生きたいと思います。
―菅田将暉

脚本を読んでから、早く撮影が始まってほしい、とずっとうずうずしていました。いつかご一緒したいと思っていた行定監督の演出を受けられるなんて、胸が高鳴っています。普段は人様にみせることのない、自分の隠しているものを、ひっぱりだして、どれだけさらけだせるか、年明け早々、最大の挑戦になりそうです。
―夏帆

ハッとするような展開。脚本を読んでそう思いました。『ピンクとグレー』に参加できることを光栄に思います。そして撮影を前にワクワクしています。完成を楽しみにしていてください!
―岸井ゆきの

生々しく説得力ある原作に完全に引き込まれました。今回、行定監督の元で『ピンクとグレー』という作品に参加出来る事はとても幸せです。自分が演じる役に対して誠意を持って挑みたいと思います。
―柳楽優弥

(C)2015『ピンクとグレー』製作委員会

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP