ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技(Xiaomi)が1月15に発表するのは「Redmi Note」の後継、ティザー画像より判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1 月 15 日に中国で発表される小米科技(Xioami)の新型スマートフォンがファブレット製品の「Redmi Note」の新型であることが判明しました。これは、Xiaomi が同社の Weibo ページで公開した新たなティザー画像より読み解かれたもので、画像のパズルを解読すると「Our new flagship is the Redmi Note thinner larger lighter faster HiFi-Sound and all glass laminate」となります。Mi4 の後継が例年よりも早く発表されるというネット上での期待とは裏腹に、低価格ファブレット「Redmi Note」の後継だったようです。Redmi 1S の後継が「Redmi 2」だったので、「Redmi Note」の後継は「Redmi Note 2」あるいは「Redmi Note 1S」になると予想されます。メッセージによると、新型 Redmi Note は大きくなりながらも、薄くて軽くなった模様。先日は中国のネットショップで「Redmi Note 2」と呼ばれる端末の製品情報が公開されていましたが、その内容が公式情報を基にしたものなら 5.7 インチフル HD ディスプレイや Snapdragon 615 オクタコアプロセッサなどを搭載しているはず。Source : Weibo


(juggly.cn)記事関連リンク
Powerampの外観をMaterial Design化するスキンパック「Poweramp skin Material」が公開
Xiaomi最安モデル「Redmi 2」が中国で発売、初回分12万台が発売開始から4分12秒で完売
Qualcomm、スマートフォンで“キルスイッチ”を実現するSnapdragonのセキュリティ機能「SafeSwitch」の紹介動画を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP