ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】テイラー・スウィフト 圧倒的な週間セールスで全米アルバム・チャート通算8週目の首位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 通算8週目の首位を獲得し、いまだ20万枚の週間セールスを記録している、テイラー・スウィフトの『1989』が今週の全米アルバム・チャートNo.1となった。

 240,000枚と、10週目をむかえたとは思えない異例の週間セールスを獲得している『1989』。シングル「ブランク・スペース」が7週間のNo.1をマーク(今週2位)、アルバムからの1stシングル「シェイク・イット・オフ」も再び7位に上昇し、TOP10内に2曲を送り込んでいる。アルバム集計の改変により、2曲のシングルのポイントが、『1989』のアルバムセールスに大きく反映しているものと思われる。

 その改変により、アルバムの順位を伸ばした作品が今週は特に目立つ。

 シングル「シンキング・アウト・ラウド」が4位に上昇した、エド・シーランの『x(マルティプライ)』が3位に、「テイク・ミー・トゥ・チャーチ」が3位に停滞中のホジャーのデビュー作『ホジャー』が6位に、「アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン」と「ステイ・ウィズ・ミー」が大ヒット中のサム・スミスの『イン・ザ・ロンリー・アワー』は4位に、それぞれシングルヒットの影響を受けて上昇している。

 10位に停滞中の、アリアナ・グランデの2ndアルバム『マイ・エヴリシング』もそうだろう。アルバム集計の改変により、シングル曲がヒットしているニューアーティストには、有利なチャートになった。

 一方、実売のみでポイントを稼いでいるのは、5位と8位にランクインしている2枚のサントラ盤。

 まず、昨年から映画ともに大ヒットを記録している5位の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、2014年度の年間全米興行収入で首位を獲得したことを受け、年末から集客を伸ばしサントラ盤も比例してセールスを伸ばした。

 続いて、先週の19位から8位へ、一気にジャンプアップしたのは『イントゥ・ザ・ウッズ』のサウンドトラック。ディズニー映画の最新作で、こちらもクリスマスから年末にかけて、一気に興行収入を伸ばし、上昇した。

 昨年全世界で大ヒットを記録した、『アナと雪の女王』も、この『イントゥ・ザ・ウッズ』と同じチャートアクションをしたことで、春先まで首位を独占した。よって、本作も“アナ雪・フィーバー”に続く大ヒットを期待できるかもしれない、ということ。日本では、 2015年3月14日(土)に公開予定。こちらも、アナ雪と同じ公開日(2014年3月14日)に合わせている。

 次週からは、特にグラミー賞関連の作品がセールスを伸ばしてくることが予想される。シングルのヒットがあるとはいえ、エド・シーランやサム・スミス、ホジャーのアルバムが順位を伸ばしているのも、グラミー賞のノミネートが決定したことを受けた結果だ。開催は、日本時間2月9日。春先までは、グラミー賞での受賞作品が、アルバムチャートを大きく変動させるのが、毎年の全米チャートの特徴でもある。

関連記事リンク(外部サイト)

1月17日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
1月17日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
テイラー・スウィフト アナ雪抑え『1989』2014年全米で最も売れたアルバムに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP