体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本ではベイマックスは生まれなかった? コヤマシゲト インタビュー

日本ではベイマックスは生まれなかった? コヤマシゲト インタビュー

2014年12月から全国上映されているディズニー最新作『ベイマックス』(原題『BIG HERO 6』)。1月4日には、観客動員数は326万人、さらに興行収入は41億4533万9200円を突破。興行16日間での40億円突破は、『アナと雪の女王』に続く、ディズニー・アニメーション史上歴代2位となる。

bey rebig-hero-6-82.0_029.00_0080(1)

制作に際して日本各地でリサーチを重ねられ、日本愛にあふれるディズニー作品としても注目を集めている本作において、ケアロボットとして登場するベイマックスのコンセプトデザインを、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズや『キルラキル』、『ガンダム Gのレコンギスタ』で活躍している日本人デザイナーのコヤマシゲトさんが手がけている。

今回、編集部にコヤマさんインタビューが届いたため、コンセプト画の一部と共に掲載。『ベイマックス』参加の経緯から、共同制作を通じて感じたアメリカと日本のアニメーション制作の違いとは──?

「ベイマックスのデザインを考えてくれ」

re120912_BH6_SGT_03

──『ベイマックス』に携わった経緯はどのようなものだったのでしょうか?

コヤマ 僕は、2011年に公開されたドン・ホール監督の『クマのプーさん』のアニメーションを観て、すごく面白い作品だなと思っていました。ちょうどその時に、ドン監督たちが『ベイマックス』のリサーチのために来日したんですよね。しかも、偶然、リサーチ・トリップのアテンドを手伝っていたのが僕の友人の翻訳家の方だったんです。

その方から「プーさんの監督が来日してるので、みんなでご飯食べましょう」というお話をいただいて、僕としては『クマのプーさん』に対する気持ちを伝えたいという一心もあり(笑)、ディズニー・スタジオの皆さんと食事をする機会をいただいたんです。

その日ドン監督は秋葉原で(資料の)フィギュアをたくさん買ってきたそうで、「なにか面白い物あった?」と聞いたら、「見たことない変なロボットがあった」と。「それは何?」と聞いたら、「『HEROMAN』っていうアニメのフィギュア」だということでぼくもビックリして(笑)。

「それはぼくがデザインしたんだよ」と話したら、向こうもビックリして「じゃあ何か手伝ってよ!」と言われて、「もちろん手伝うよ!」と即答しました。

何といってもディズニーは、世界的に歴史もある大きなスタジオなので、最初は社交辞令なのかな……と思っていたんですが、後日ちゃんと契約のお話をいただき、参加することになりました。

その翌月の2011年末から、コンセプトデザイン画を描き始め、打ち合わせなどは年が明けてからスカイプでやり始めていった、という感じですね。

re120912_BH6_SGT_06

──デザインの段階でストーリーはおわかりでしたか?

コヤマ 僕が関わった段階では、(コンセプトアートを担当した)上杉(忠弘)さんが描かれていた「サンフランソウキョウ」という架空都市のイメージボード・イメージイラストだけがあったような段階で。

1 2 3 4次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy