ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Tシャツがキャンバス?!暗闇で燐光を放つユニークなアパレル登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“光り絵”をご存知だろうか。世界で唯一の光り絵師、和代人平氏の手になる作品で、特殊な蛍光発光キャンバスに光を当てた部分が淡く光り、それで絵を描くもので、わずか数分で消えてしまうという、はかなくも美しいアートである。闇に浮かび上がる“燐光”は、人の心を惹きつける魅力に満ちている。

Tシャツをキャンバスに、暗闇で“燐光の落書き”をしよう

そんな“燐光”をアパレルに持ち込んでみようという試みが、「Illuminated Apparel」である。明るいところで見ると、普通のTシャツのようだが、暗いところではTシャツが燐光のキャンバスになってしまうという。群集の中でも人目をひきつける、特殊なTシャツなのだ。

およそ5分後には光は消えてしまう

使い方はこうだ。Tシャツには特殊な蛍光発光塗料がプリントされていて、ユーザーはLEDランプやライトペンなどを使って、自由にラインを描いていく。すると、そのラインはおよそ5分間、暗闇の中でぼおっと光を放ち、淡い光がTシャツの上に浮かんで見える。光は徐々に弱まっていき、いずれ消えてしまうので、消えたあとにまた新たな“落書き”をして楽しめるだろう。

昨秋にKickstarterのキャンペーンで成功

「Illuminated Apparel」は昨秋に、資金調達プラットフォームKickstarterで目標金額3000ポンドを上回る4600ポンドを集めた。ライブやコンサートでパフォーマンスとして着用したり、ある一定のエリアでのみ、企業やグループが自社ロゴやメッセージを浮かび上がらせてアピールするなど、斬新なPR方法になるかもしれない。幻想的ともいえる不思議な光景は、人々の注目を集めること必至だろう。

Illuminated Apparel

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP