ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2015 : Kenwood、Android Autoをサポートした自動車用マルチメディアレシーバー「DDX9902S」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Kenwood(ケンウッド)が CES 2015 イベントで Android Auto をサポートした自動車用マルチメディアレシーバー「DDX9902S」を発表しました。DDX9902S は、Android Auto だけではなく、Apple CarPlay もサポートした車載システム。Android スマートフォンを接続することで、Android のナビゲーション機能や音楽プレイヤー、通話・メッセージアプリなどをドライバーフレンドリーな UI で表示し、音声コマンドで操作することも可能になります。本体の詳細は公開されていませんが、DDX9902S は同社製品の中ではプレミアムモデルに位置し、高感度タッチパネルを搭載。Bluetooth をサポートしており、スマートフォンとペアリングすることで、ハンズフリー通話を行えるほか、スピーカー経由で音楽を再生することもできます。また、MHL 対応の HDMI 入力端子を備えており、スマートフォンの画面をミラーリングすることもできます。Android Auto や CarPlay とは別に、Pandora や iHeartRadio、Sirius XM Radio などのネットラジオアプリをプリインストールしています。Source : Kenwood


(juggly.cn)記事関連リンク
NEC、スマートフォンから遠隔で自宅のペットの様子などを確認できる温度センサーや赤外線リモコン付きネットワークカメラ「AtermHC100RC Wi-Fi アクセスポイントセット」を発表
LGの次期フラッグシップスマートフォンの名前は社名を省いた「G4」になる見込み
アンダーアーマー、フィットネス・健康管理アプリ「UA Record」をリリース、HTCとデバイスの開発で提携

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP