ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「一年の計は元旦にあり!?」思ったらすぐに始められる、お手軽「オンライン英語・英会話」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新しい一年の始まりとともに、「今年こそ○○!」と目標をたてている人も多いだろう。例年「今年の目標」の中で、よく出てくるのが、「新しい習い事」。そして、その習い事の中でも、英語・英会話レッスンは上位を占める。そこで今日は、英語・英会話レッスンの中でも、出掛けることなく気軽に始められる「オンラインもの」を提供している会社を3社ピックアップ。新年、まずはここで英語力をみがいてみてはいかが!?

1.【DMM.com】「DMM英会話」
おぎやはぎの矢作さんが、「95円!」と叫ぶCMで有名なオンライン英会話サービス。入会金や教材費は一切不要!世界60カ国の選び抜かれた英語講師と毎日好きな時間に英語レッスンが可能。いつでもどこでもレッスンできて、レッスン料もとってもお手頃。もちろん学習カリキュラムも充実。(http://eikaiwa.dmm.com/)

2.【アンフープ】「hanaso」
これは、無料通話ソフトSkype(スカイプ)を利用したオンライン英会話スクール。講師を務めるのはフィリピンの有名大学卒業生が中心。インターネットを通じて現地の講師と対話することにより、自宅にいながらマンツーマンの指導を受けることができる。内容は、日常英会話を中心とした初心者・中級者向け。(http://www.hanaso.jp/)

3.【シンドバッド・インターナショナル】「スタディ・タウンEnglish」
こちらは、オンライン英語学習サービス。英語教材開発で50年近い歴史を誇る東京SIM外語研究所とパートナーシップを組んで開発された学習プログラムを、スマホ・タブレットなどの最新デジタルデバイスで提供しているもの。ラインナップは、リスニング対策『スーパーエルマー』と、スピーキング対策『スーパー・スピーキング』の2種類。用途に合わせて選んでみて。(http://english.studytown.jp/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP