ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

発売55周年!さらにおいしくなった丸美屋「のりたま」をぜひご賞味あれ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

朝いちばんのほかほかごはんに、ランチタイムのお弁当に、はたまた夕食のお伴に…。丸美屋の「のりたま」が大好き!というのりたまファンにうれしいお知らせ。発売55周年を迎える今年2月から、のりたまがパッケージと品質をリニューアルして発売される。

新しいのりたまは、「海苔」と「たまご」に加え、「ごま」「さば削り節」「抹茶塩」など色々な素材を絶妙なバランスでブレンド。また、たまごの風味をアップさせ、よりまろやかな味わいに。さらに今までのおいしさを残しながら、食べやすいやわらかな塩味に仕上げてある。

パッケージのイラストは、虹の上をにわとりとひよこが昇っていくという、ハッピーな雰囲気あふれるものに変更。虹に青色ラインを挿入することで鮮度感もプラス。発売55周年マークを入れて(のりたま瓶と手のりたまを除く)、おいしさの歴史をアピールしている。

商品ラインナップは、馴染み深い袋入りの「のりたまN.P.」(30g・税抜110円)、大容量の「のりたま大袋」(62g・税抜215円)、食卓で大活躍の「のりたま瓶入」(57g・税抜290円)、とにかくキュートな「手のりたま」(20g・税抜150円)、オフィスや学校で便利な「のりたまミニパック」(50g/2.5g×20袋・220円)「のりたま&バラエティー」(46g/のりたま2.5g×4袋、味道楽2.0g×4袋、旨味さけ2.0g×4袋、すきやき2.5g×4袋、50g/2.5g×20袋・税抜220円)の全6種。

N.P.と大袋のパッケージ裏面には「おいしさのヒミツ」が新たに掲載されているので、こちらもぜひチェックしてみよう。もともとおいしいのりたまが、さらにおいしくなると、一体どんな味わいが楽しめるのか…?ぜひ一度お試しいただきたい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP