ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京都内の中小企業の退職金 大卒・定年退職で1384万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京都は2014年12月25日、「平成26年 中小企業の賃金・退職金事情」の調査結果を発表した。都内の従業員数10~299人の中小企業830社から回答を得た。「退職金制度がある」と回答した企業は655社で、全体の78.9%だった。

大卒後すぐに入社し、標準的に勤務した場合のモデル退職金は、勤続10年(32歳)で自己都合退職が124.2万円/会社都合退職が168.1万円。15年(37歳)で242.5万/312.5万円、20年(42歳)で415.4万円/508.9万円だった。

25年(47歳)では638.2万円/742.4万円、30年(52歳)では899.9万円/1020.1万円。定年退職の場合は会社都合のみで1383.9万円という数字となった。2年前の前回調査と比べて各年代で2.0~13.7%増えており、特に勤続30年で会社都合退職となった場合、123万円も増額されている。

定年退職金を企業の従業員規模別にみると、10~49人の企業で1281.7万円、50~99人の企業で1497万円、100~299人の企業で1718.6万円となった。

あわせてよみたい:理想の職場で一発逆転! 2015年に働くべき米企業ランキング
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP