ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidスマートフォンで水平線に沈む夕日を撮影するときにはHDRとちょこっとパノラマがおすすめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンのカメラはスペック・機能ともに年々進化しており、中には市販のデジタルカメラでもエントリー~ミッドレンジモデル並みのスペックを備えるものも珍しくはない状況です。さらに言えば、光学ズームに対応したスマートフォンとしては特殊な機種もあります。もはや普段使うデジカメとして利用することも可能になったスマートフォンのカメラで水平線に沈む夕日を撮影する場合に試してほしい機能を紹介します。それは HDR 撮影機能とパノラマ撮影機能です。HDR 撮影は逆光になる手前の風景や雲を明るくしてくれます。また、パノラマ撮影はアプリや機種によって可 / 不可が分かれることなのですが、スイングしきってしまう前に撮影を止め、ややパノラマ写真にするという方法です。撮影に利用した機種は HTC Desire EYE (M910)です。この機種は 1,300 万画素の裏面照射型 CMOS カメラや F2.0 レンズなどを搭載した、スマートフォンの中ではそこそこカメラスペックの高い機種になります。HDR を OFF※太陽付近をタッチしてフォーカスを当てています。HDR を ON にして撮影※こちらも太陽にフォーカスを当てています。パノラマ撮影、スイングしきった場合

パノラマ撮影、スイングを3分の2程度で止めた場合

パノラマ撮影については、個人的にいい画が撮れたと思うからで撮影する場所やシチュエーション、見る人によって受ける印象は異なるでしょうから一概に紹介した撮影方法がベストだとは思いません。試してみる価値はあると思って紹介しました。


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、CES 2015プレスカンファレスの模様を日本時間1月6日1時よりネットでライブ配信
Zenfone 2は4GB RAMを搭載? ASUSが新たなティザー動画で「4GB」をアピール
CES 2015 : Acer、Chromecastを収納できるハイエンドプロジェクター「Acer H7550ST」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP