ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大掃除で処分を決めた本で社会貢献! キフ★ブックが片付け&寄付キャンペーンを実施中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大晦日に処分する本をまとめたものの、まだ部屋の片隅に積み上げられたままという方は多いかもしれません。筆者もそのひとりです。ブックオフなどに持っていくのもいいですが、新年ということで、寄付を検討してみるのはどうでしょう。

・古本の買取金額を寄付できるサービス
今回紹介するキフ★ブックは、NPO法人テラ・ルネッサンスとバリューブックスによるサービス。不要になった本をバリューブックスが買取し、その買取金額がテラ・ルネッサンスに寄付されます。

・単行本2冊で1平方メートルの地雷を撤去
寄付されたお金は、テラ・ルネッサンスを通じて日本の被災地支援やカンボジアの地雷撤去にあてられます。単行本2冊で1平方メートルの地雷原の地雷撤去が行えるとのこと(単行本1冊の買取価格が50円の場合)。

・寄付金額20%アップのキャンペーン中
現在、キフ★ブックは年末年始の片付け&寄付キャンペーンを実施中。2015年1月31日(土)まで、寄付金額が20%増額されます。この機会に試してみてはいかがでしょうか。本のダンボール詰めは自分でやる必要がありますが、5冊以上から着払いで回収に来てくれるので楽ちんです。

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com
執筆: 鈴木収春
Via: キフ★ブック

鈴木収春
クラウドブックス代表取締役。自由大学「伝わる文章学」「出版道場」教授。講談社客員編集者を経て、出版エージェントに。ドミニック・ローホー『シンプルリスト』、タニタ&細川モモ『タニタとつくる美人の習慣』、劔樹人『高校生のブルース』などを担当。

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP