ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPO Martが背面ツインカメラを搭載した「Huawei Honor 6 Plus」の販売を開始。日本直送にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本への直送にも対応している中国のネットショップ OPPO Mart が背面に 2 つのカメラを備えた新型 Android スマートフォン「Huawei Honor 6 Plus」の販売を開始しました。Honor 6 Plus は 12 月 16 日に発表され、23 日に中国で発売された Huawei の最新スマートフォンです。Huawei Honor 6 Plus は、5.5 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや Hisilicon 製オクタコアプロセッサ Kirin 925 1.8GHz オクタコアプロセッサなどを搭載した LTE 対応スマートフォン。ハードウェアスペックは Huawei Honor 6 よりも少し上がったした程度なのですが、背面に「Bonic Parallel Twin Lens」と呼ばれるツインカメラを搭載しており、Huawei はツインカメラでカメラパフォーマンスが一眼レフ並みに改善されたと豪語しています。Honor 6 Plus のラインアップは内蔵ストレージの容量別に 16GB モデルと 32GB モデル。カラバリはブラック、ゴールド、ホワイト、スカイ(32GB モデルのみ)の 4 色ですが、現在 OPPO Mart では 16GB ストレージのホワイトカラーのみ販売されています。本体価格は $399(約 49,300 円) です。本体価格は国際送料が含まれた総額で、国内到着時の送料を含めた輸入総額は約 54,000 円程度となります。Huawei Honor 6 Plus は 16GB モデルと 32GB モデルで対応する通信規格に違いがあります。16GB モデルは中国 3 キャリアの LTE に対応しているので、一応日本でも使用可能と思われますが、OPPO Mart の商品ページの記述は曖昧なので、輸入する場合は事前に確認・調査した方がいいかもしれません。Source : OPPO Mart


(juggly.cn)記事関連リンク
Xiaomi、1月4日に中国でRedmiスマートフォンの新型を発表へ
1shopmobileが「BlackBerry Classic」の販売を開始
Samsung、動画を360度ビューで視聴できるGear VR用動画アプリ「Milk VR」をリリース予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。