ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

四万十川友美が17回を越えるレコ発を行なう理由とは?ーーOTOTOYライヴレポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

四万十川友美が17回を越えるレコ発を行なう理由とは?ーーOTOTOYライヴレポ

大阪出身のシンガー・ソングライター、四万十川友美。2014年に入り、OTOTOYのニュースで彼の話題をいくつか取り上げてきたが、1年が終わろうとしている今、改めて四万十川のことを書いてみたいと思う。

彼との付き合いは、2014年3月8日にリリースされた2ndフル・アルバム『PENIS』の配信をはじめたことがきっかけ。それ以降、彼が東京に来るたび、オフィスに遊びに来て会話を交わしたり、ライヴハウスでたまたま顔を合わせたり、なんだかんだの縁でいまも連絡をとりあっている。

四万十川はとてもマメな男で、筆者が甘いものが好きだと言ったら、お菓子をもって遊びにきてくれたりするし、お歳暮を送ってくれたりもする(なぜか箱がボコボコで、彼なりのギャグかと思いひとしきり笑ったあと電話をしたら、そんなことはなく、いまだに真相はわかっていない)。彼も相当な甘党だから、打ち合わせしながら、2人でチョコパイを10個食べるなんてこともある。そんな彼が語ることは、いつも決まって同じである。

「どうしたら、もっと多くの人に聴いてもらえるんでしょう?」

別にそれを考えているのは、彼に限ったことじゃない。表現をしているものなら考えることである。ただ、四万十川が他のアーティストと違っているのは、聴いてもらいたい根底にあるのが、圧倒的に「一人」であるということだ。いくら周りと協調しようとしてもできない、埋没しきれない、深い孤独のようなものを抱えている。だからこそ、四万十川は人と関わることを心から熱望している。燃え滾るような魂の交流を。それが四万十川友美の作り出す楽曲の本質にある。

12月5日、下北沢・風知空知で行なわれたイベント〈BANANA ~四万十川友美2ndアルバム“PENIS”発売記念ツーマン・ライブ〉に足を運んだ。発売記念と銘打っているが、すでに17回目の発売ライヴ。ここにも、とにかく突っ込んでほしい=人と関わりたいという気持ちが現れている。会場に入ると、無造作にバナナが置かれていて、1人2本まで持っていってOKということが告げられる。ちゃんとバナナを食べている人が多く(特に女性のお客さんが多かった)、カフェ・スタイルの会場はとてもいい雰囲気だ。こうしてライヴがはじまっていった。

この日の対バンは、曽我部恵一。キャリアは違えど、ギター一本の弾き語りというのは同じ。先行として登場した曽我部は、圧倒的に表現力豊かなライヴをみせた。友だちの家で弾き語りを聴かせてもらっているような親密な空気からはじまり、「満員電車は走る」をきっかけにミュージシャンとしての迫力あるライヴへと転換。最後は大きな拍手とともに、ミュージシャン曽我部恵一が目の前にいた。

後攻として登場した四万十川は、ひたむきでがむしゃらなライヴをみせた。が、はっきり言えば、曽我部の表現力には及ばなかった。キャリアの差もあるから当然のことではあるけれど。もちろん、彼なりのよさも見えるライヴだった。『PENIS』の1曲目に収録されている「DI DAN DON」から、足を踏みならし、上半身も揺さぶりながら、全体を動かして歌う。その迫力は、曽我部に負けないぞという気力に溢れていた。すっきりとしながら芯のある歌声も、会場にまっすぐ響き渡っていた。すべてにおいて若きエネルギー、そして「孤独」を抱えながらも繋がりたいという真摯な訴えかけに満ちたライヴだった。最後には、曽我部と四万十川で、2人が好きだという忌野清志郎をカバーし、17回目のレコ発は終わりを告げた。

ライヴが終わるとすぐに出口前の物販に立ち、お客さんに話しかけてコミュニケーションを取ろうとしている四万十川と少しだけ話をして、僕は会場を後にした。ライヴが終わったばかりで失礼だと思ったが、熱量は高くて刺さったけど、単調さも感じたことを素直に伝えた。帰り道、言わなきゃよかったかなと心配したけれど、数日して電話で、どうしたらもっと伝わりますか? と鼻息荒く電話をくれた彼がいた。「ライヴ、なにをどうすればいいですか?」と訊かれたので、「その答えは自分でみつけてください」とだけ伝えた。

どうやら、2015年も四万十川友美という一人のミュージシャンをみつめていかざるをえなそうだ。ちゃんと彼は答えをみつけて、とんでもないライヴをみせてくれるだろうか。それがいまはとても楽しみだ。(西澤裕郎)

〈BANANA ~四万十川友美2ndアルバム“PENIS”発売記念ツーマン・ライブ〉
2014年12月5日(金)風知空知

・セットリスト
1. DI DAN DON
2. 嘘
3. とおる君
4. こぼれたスープ
5. 孤独な夜のココアとギター
6. あやふやな犬
7. sorry
8. 鳥
9. 悲しい話はやめよう
10. life withouters is good
11. 変な人
12. バナナ
13. 鬼
14. ギター

・四万blog
http://blog.livedoor.jp/babynanimokamo/

四万十川友美が17回を越えるレコ発を行なう理由とは?ーーOTOTOYライヴレポ

四万十川友美が17回を越えるレコ発を行なう理由とは?ーーOTOTOYライヴレポ

四万十川友美が17回を越えるレコ発を行なう理由とは?ーーOTOTOYライヴレポ

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。