体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーの一等賞! 沢田研二秘伝のレシピ『バター牛乳醤油カレー』

P1160824 (2)

1967年のデビュー以来、歌謡曲全盛時代をトップスターとして駆け抜け今なお日本を代表する歌手として輝く沢田研二

コンサートツアーで訪れる土地土地で美味探訪にいそしむグルメとして知られるが、そんな彼が1978年、ロミ山田司会のトーク番組『あなたとテラスで』(テレビ朝日)に出演した際に披露したオリジナル・レシピがある。

特に名前は付けていなかったので筆者が名付け親になりたいと思う。

『バター牛乳醤油カレー』!!

沢田とグルメを愛してやまない筆者が『あなたとテラスで』の映像をもとにできる限り忠実に再現してみた。

P1160778 (2)

材料(2人前)

・レトルトカレー2人前(1人前230g) カレー曜日 中辛(S&B)
・バター50g     加塩バター(よつ葉乳業)
・牛乳100ml     おいしい牛乳(明治乳業)
・醤油大さじ1杯   ヒガシマル特選(ヒガシマル醤油)

「一人で作るときに材料買ってきても結局余っちゃうでしょ。もったいないからすぐボンボン入れちゃうんですよね。材料買ってきたやつ。」

「(具は)もうなんでもいいんですよね。」

「バターなんかでも後からガバッと……ガバチョンと入れちゃったりね。牛乳なんかも。」

「隠し味にお醤油を。なんとなくちょっとコクと言うか……出るんですよね。」

という沢田の言からわかる通り、これは小難しい理屈は抜きにした男の料理。

番組では一からカレーを煮込んでいるのだが、レトルトカレーでも十分に事足りるだろう。

調理

(1)レトルトカレーを鍋にあけ、弱火~中火でトロトロになるまで温める。
(2)バターを入れ、溶けるまで混ぜながら温める。
(3)牛乳、醤油を入れ混ぜながら温める。

P1160779

筆者は武骨さを尊重して、レトルトカレーの中でも非常に家庭風でにんじんやジャガイモがゴロゴロ入った『カレー曜日 中辛』をベースに使ってみた。

まずルーを鍋にあけて、こげつかないように弱火~中火で温める。
はじめはゲル状だったルーがトロトロになれば次のステップ。

P1160784

バターをひと箱の3分の1、50gほど鍋に投入。
「えっ?」と思ってしまう量だが『バター牛乳醤油カレー』の要はバターだ。
カロリーがどうとか考えずにルーと均等に混ざるようかき回してゆく。

P1160789
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。