ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名物「ニンタレ」を心ゆくまで堪能しよう!錦糸町屈指のモツ焼き屋『涌谷』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

JR総武線と東京メトロ半蔵門線が乗り入れるビジネス街、繁華街として有名な錦糸町駅エリア。

地名の由来は、現在のJR錦糸町駅の北口の北斎通りに位置していた「錦糸堀」であり、この錦糸堀は本所七不思議の1つの「おいてけ堀」としても有名だ。

そんな錦糸町エリアには、ミシュラン1つ星のとり喜や天ぷらの名店はせ川などの派手さは無いものの丁寧な仕事が光るお店が存在する。

今回はそんな丁寧な仕事が光るお店の1つ「もつ焼き 涌谷」をご紹介したい。

まずこちらのお店でオススメなのはガツ刺し。素晴らしい手仕事がされているため、まったく臭みがない。

シコシコと最高の歯触りと上質なガツのウマミを生ビールで流し込めば、最高のモツ焼きコースをスタートさせる事ができるのだ。

次に食べてもらいたいのはモツ煮だ。注文を受けてから1皿ずつ暖められるモツ煮は、新鮮なモツの甘みとコクをたっぷりと感じる事ができる逸品となっている。

そしてこちらの名物の1つであるシロのニンタレ。ニンタレとは特製のニンニクダレで、ニンニクの辛みとウマミが絶品のタレとマッチしている。

もちろん普通のタレのシロも抜群にウマいので、ニンタレとタレの2つを比べてみてもいいだろう。全く臭みのない分厚いシロのウマミとコク、そしてそれらをしっかりと受け止めるタレとの相性は抜群だ。

その他にもどこまでもコリコリと歯触りとウマミを楽しめるナンコツや、ねっとりとした歯触りの中に香りとコクを感じる事ができるカシラなど、こちらのお店のご主人によって丁寧な仕事がされた絶品のモツ焼きを楽しむ事ができる。

シメでおすすめなのが冬の時期はおでんだ。たっぷりとダシのきいた大根やはんぺんは心も体も暖かくなる味わいだ。

この冬、心も体も暖まる美味しいモツ焼きとおでんを試してみてはいかがだろうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 もつ焼き 涌谷(もつやき わくや)
住所 東京都墨田区錦糸2-3-2
営業時間 17:00~22:30/17:00~21:30
定休日 日曜・祝日(不定期)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP