ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旦那の実家に帰省、好印象を与えるマナー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旦那の実家への帰省は「仕事」と割り切る

まもなく2014年も終わり、新しい年がやってきます。そんな中、婚家への帰省を控えている人も多いのではないでしょうか?そこで、婚家での心得や過ごし方を紹介します。

まず「帰省前の心得」は以下の通りです。

■婚家への帰省は 仕事であると考える
■「泊まって良いですか?」と聞かない
■なるべく3日以上は泊まらない

婚家への帰省は「仕事」と考え、「のんびりしよう」という気持ちを持たない方が良いでしょう。また、泊まるとなると親御様に負担がかかりますので、決定権は婚家に任せます。泊まる場合も、負担が大きくなる4日目を迎えないスケジュールを組むと良いといわれています。

事前に以下のものを用意しておきましょう。

■手土産
■洗面道具
■下着、パジャマ、タオル
■エプロン
■滞在費(1~3万円)※受け取ってもらえない場合は外食などで支払います。

なお、子どもがいる場合は、おねしょマット、ウエットティッシュ、子ども用備品なども用意しましょう。

「帰省時の心得」6か条

そして、「帰省時の心得」は以下の通りです。

1、帰省したら下座(入り口付近)に座り挨拶する。また、仏壇があれば挨拶する
2、エプロンを出し、お手伝いできることがあるか尋ねる
3、お風呂は 遠慮していると家の人が入れないので「お入りください」とすすめられたら先に入って良い。出るときには、お風呂場 湯船、排水溝のチェックをする
4、布団は「私がいたします」と言って、家族の分も敷く
5、洗濯機を借りる時は 他に洗うものがあるか聞く
6、前日に朝食の時間を聞き、1時間前に起きて布団をたたみ、食事の手伝いをする

また、これらのことに注意しましょう。

■冷蔵庫・押入れを勝手に開けない
■台所に勝手に入らない
※以上は許可を得てから使います。
■夫をけなす、夫の愚痴を言う

毎年一つずつマスターし、独自の「婚家への帰省レシピ」をつくる

なお、子どもがいれば、おじいちゃん・おばあちゃんという親しい大人、それも、価値感の違う大人と接することのできる大切なチャンスです。祖父母に育てられた子どもは情緒が育つといわれていますので、なるべく一緒に過ごす時間をつくりましょう。

これらの心得は、最初から全部できなくても仕方ありません。毎年一つずつ、マスターしていけば良いでしょう。そうすれば、いずれ独自の「婚家への帰省レシピ」ができあがります。

(永田 之子/マナー・コミュニケーション講師)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP