ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士通マーケティング、弁当売りスタイルでタブレットを操作できる業務用タブレットバッグ「Spinning Shoulder」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

富士通マーケティングは 12 月 25 日、業務用のタブレットバッグ「Spinning Shoulder(スピニングショルダー)」を発表し、販売を開始しました。価格は 15,000 円+税。個人向けにも提供されるのかどうかは定かではありません。Spinning Shoulder は、通常は斜め掛けして持ち運べて、弁当売りスタイルで収納したタブレットを利用できるショルダーバッグ。富士通の ARROWS Tab、iPad、iPad mini など様々なタブレットを収納できます。この製品のターゲットは主に倉庫作業や土木・建築現場などの立ち仕事でタブレットを利用する環境で、タブレットを持ち運べて利用するときにはしっかりと固定できるので、ハンズフリーで別の作業もできるところが大きなメリットです。バッグのファスナーを開くと 90 度開き、タブレットをちょうど目の前にもってくることができるほか、バッグの背面にはカメラ用の穴が設けられており、タブレットを収納したままでも写真や動画を容易に行うことができます。Spinning Shoulder のメイン素材は撥水加工の施されたナイロン素材で、裏地にはポリエステルが使用されています。タブレット収納ポケットのほかにスマートフォン収納ポケットも装備しています。ショルダーベルトは長さを調節できるので、様々な身長の人に合わせることができます。ベルトを短くしても余った帯を本体に固定でき、機械への巻き込みを防ぐなどの独自の仕組みもあります。Source : 富士通ソリューション


(juggly.cn)記事関連リンク
Free Xperia Project、Xperia向けにAOSP版Android 5.0.2のROMを提供へ
国内版ドルフィンブラウザーがv11.3.4JPにアップデート、Android 5.0(Lollipop)端末におけるFlash Playerの利用をサポート
OPPO、2015年のスマートフォン出荷台数で今年の倍なる5,000万台を見込む

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP