ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョニー大倉ベスト盤『JOHNNY FOREVER-THE BEST 1975~1977-』発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年11月19日に多くの人に惜しまれながら旅立ったジョニー大倉がキャロル解散後の3年間のソロ活動で残した音源からチョイスされたベスト・アルバム『JOHNNY FOREVER-THE BEST 1975~1977-』が2015年2月11日(水・祝)に発売されることが決定した。

これは、12月25日(木)に東京・銀座タクトでおこなわれた〈ジョニー大倉お別れ会〉の記者会見の席上でジョニーの長男で歌手のケンイチ大倉から発表されたもので、1975年のソロ・デビューから1977年までの間にフィリップス・レコード(現・ユニバーサルミュージックグループ)に残した3枚のアルバムから選ばれた楽曲と、初CD化シングル5曲を合せた計22曲が最新リマスターで収録されている。2015年はジョニー大倉のソロ・デビュー40周年という記念すべき年にあたり、本作はかねてよりジョニー大倉と長男のケンイチ大倉との共同プロデュースで進められていた企画であり最後のメモリアル的作品となっている。また同日2月11日にはケンイチ大倉が父に捧げる曲『Johnny Be Back/月に抱かれて~Moon Light Love』のCDも坂本つとむwithケンイチ大倉名義でリリースされる。

この日、お別れ会には多数のファンが列を作り、ジョニーとの別れを惜しんでいた。夜には再び銀座タクトにファンが集まり〈ポップンロール クリスマス~JOHNNY FOREVER LIVE~〉と題したライヴが開催され、ケンイチ大倉、次男の大倉弘也、坂本つとむを中心にソロ楽曲「ハイウェイサタデイナイト」「ハイティーンガール」やキャロルの名曲「二人だけ」「ラストチャンス」「ヘイ タクシー」さらには希少な矢沢永吉の作詞曲として知られる「涙のテディボーイ」などを歌い、大いに盛り上がりつつ故人を偲んだ。

また、2015年4月13日(月)に川崎クラブチッタで〈ジョニー大倉音楽葬〉がおこなわれることも発表された。出演者等の詳細はまだ未定とのことだが、4月13日はキャロルが日比谷野音で解散した日。来年は40周年にあたるということで、関係者の出演にも期待したいところだ。(岡本貴之)

・ジョニー大倉 公式WEB サイト
http://www.johnnyohkura.com/

『JOHNNY FOREVER-THE BEST 1975~1977-』
2015 年2月11日(水)
●価格:2,300 円+税
●形態:SHM-CD
●PRODUCED by ジョニー大倉&ケンイチ大倉
●ライナーノーツ:岡本貴之
●品番:UPCY-6975
ユニバーサルミュージック USM JAPAN

〈収録曲〉
01. ヘイ・レゲェ・ブギ・ウギ
02. 昨日までは
03. 恋はつらい
04. 愛なき街角
05. ハイティーン・ガール
06. マイ・ラヴ
07. マドロスの唄
08. いつになったら ※初CD 化曲
09. 修理工ブルース ※初CD 化曲
10. ハイウェイ・サタデイ・ナイト
11. ダーリン
12. 恋のロックン・ローラー
13. 川崎リターン・ブルース
14. ロッキン・ビリー
15. ブルー・ベイビー
16. 恋のまちぼうけ
17. ダイナマイトに火がついた ※初CD 化曲
18. 恋する気持ち ※初CD 化曲
19. 涙やさしく ※初CD 化曲
20. トラブル・メーカ―
21. 命の限り
22. 4.13

●同日発売
坂本つとむwith ケンイチ大倉
『Johnny Be Back/月に抱かれて~Moon Light Love』
収録曲
1. Johnny Be Back
2. I Miss Rock You
3. 白い教会
4. 月に抱かれて~Moon Light Love~(Acoustic Ver.)
5. 次はお前だ!~Orchestra Ver.~
6. Johnny Be Back(オリジナル・カラオケ)
7. 夢のあとで・・・(試作ドキュメンタリー)
全7 曲収録/価格:1,204 円+税/品番POCE-3481
発売:アスタエンターテインメント/販売:ユニバーサルミュージック

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP