ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【試食レビュー】ユネスコ世界遺産にも!? 本場ベルギーの絶品フライドポテト店がオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

めまぐるしく流行が入れ替わるグルメ業界で、今注目を集めているのが“フライドポテト”。

広尾や代官山に続々とこだわりの専門店が出店する中、外苑前にベルギースタイルのフライドポテト“フリッテン”を提供する新店舗「POMMEKE(ポムケ)」が明日12月23日にオープンする。

・フライドポテト発祥の地はベルギー!?

あまり知られていないことだが、実はフライドポテト発祥の地はベルギーだと言われており、現地では人口1120万人に対し、専門店が5500も存在するほど人気のメニューなのだ。

・ユネスコの世界遺産に!?

さらに、来年ベルギー政府はこのフリッテンをユネスコの世界文化遺産に申請する予定で、国を挙げてフリッテン文化を盛り上げている。

・外はサクサク、中はホクホク!

「POMMEKE(ポムケ)」では、そんな“本場”の味わいを再現。ポテトはちょっと太めの12mm×12mm角で、すべて二度揚げするというこだわりようだ。

実際に食べてみると、外はサクサク、中はホクホクの絶妙な食感を味わうことができる。油のしつこさも感じさせず、じゃがいも本来のほのかな甘みが口の中に広がる。

・ディップでさまざまな美味しさを楽しもう

これだけでもおいしいのだが、こだわりディップを付けて食べるのがベルギー流。

同店では自家製のマヨネーズやトマトケチャップ、タルタルの他、ちょっぴり辛い味わいがクセになる、その名も「サムライ」、マヨネーズとトマトケチャップ、カット・オニオンが入ったベルギーで人気の「スペシャル」を用意。

特にオススメが、「スペシャル」。新鮮なオニオンの香りとシャキシャキ食感が、新しい味わいをもたらしてくれること間違いなしだ!

・冬の食べ歩きにもぴったり

温かく、気軽にシェアもできるフリッテンは、寒い季節の食べ歩きにぴったり。サイドディッシュやこだわりのベルギービールもあるので、ホリデーシーズンのお出かけついでにぜひ立ち寄ってみてはいかが?

POMMEKE(ポムケ)
住所:東京都港区北青山2丁目12-27
営業時間:11時~22時
価格:フリッテン550円~、ディップ100円~
ウェブサイト:http://www.pommeke.jp/

グルメ(まとめ)
フライドポテト(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP