ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

eufonius、最新シングル『sati』をDSD&ハイレゾで配信開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

菊地創とriyaによるユニットeufoniusが、10月にリリースした最新シングル『sati』をDSD 5.6MHz+24bit/96kHzで解禁。12月24日(水)の配信開始に先駆け、本日よりOTOTOYにて予約注文を開始した。

本作には、生楽器のクリアな響きが美しい表題曲「sati」をはじめ、軽快で疾走感に溢れる「存在論」、8bitサウンドと生のリズムが融合する「リキル」、そしてCD未収録のボーナストラック「クレアトゥーラ」の4曲を収録。いずれも心地よく澄みわたるriyaの歌声が最大限に活かされた、ハイレゾで聴くのにぴったりのナンバーばかりだ。

eufoniusと言えば、「CLANNAD」や「true tears」といった名作アニメ / ゲームの主題歌を手掛けたことで知られる。今年3月にはアルバム『frasco』をハイレゾで配信し、大きな話題を呼んだ。

『frasco』の路線を引き継ぎ、ピアノ、アコースティック・ギター、ストリングス、ウッドベースなど、生楽器の響きをふんだんに取り込んだ最新シングル『sati』を、OTOTOYだけの高音質で楽しもう。(長)

—–

■satiの予約はこちら!!
sati [High-Resolution] (5.6MHz dsd + 24bit/96kHz)
http://ototoy.jp/_/default/p/47915

【収録曲】
1. sati
2. 存在論
3. リキル
4. クレアトゥーラ (CD未収録のボーナストラック)

【価格】
1,728円(税込)

■関連作はこちら!!
frasco (24bit/96kHz)
http://ototoy.jp/_/default/p/40992

frasco [DSD master] (5.6MHz dsd + 24bit/192kHz)
http://ototoy.jp/_/default/p/45389

—–

eufonius
音楽の専門学校を卒業後、20歳よりCM音楽、ゲーム音楽の制作に携わってきた作編曲家の菊地創。短大の音楽科を卒業後、鍵盤の講師をしながら音楽活動を続けていたヴォーカリストのriya。そんな2人が、ホームページにアップした楽曲をきっかけにネット上で意気投合し、eufoniusを結成。PCゲーム「CLANNAD」、TVアニメ「true tears」、TVアニメ「ヨスガノソラ」の主題歌を手掛けるなど、主にアニメ / ゲーム音楽のフィールドで活動し、高い評価を得ている。

■OFFICIAL HP
http://www.eufonius.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP