ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

20年越しで“あのテーマパーク”がついにオープン! 『ジュラシック・ワールド』予告映像が解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ジュラシック・パーク』(約1030億円)、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(約620億円)、『ジュラシック・パークⅢ』(約370億円)と、3作合計での全世界興行収入が累計2000億円を超える超メガヒットシリーズの最新作『ジュラシック・ワールド』が、2015年8月7日(金)より日本公開となります。

本日、その日本版予告編となる映像が解禁。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの“ジュラシック・パーク・ザ・ライド”を体験したことがある人なら、現実とフィクションの境目が分からなくなりそうな、リアルで実在感のあるテーマパークの様子が描かれています。

太古の琥珀(こはく)に閉じ込められたDNAから遺伝子工学の力でよみがえった恐竜たちが生息する“ジュラシック・パーク”。シリーズ過去作をご覧になったことがある人はご存知のように、そのパークがオープンの日を迎えることはありませんでした。しかし20年以上の時を経て、ついに究極のアミューズメント・パークが“ジュラシック・ワールド”としてオープン! 予告編では、恐竜の姿を間近で楽しむ人々の様子や、巨大なプールで行われる恐竜への餌付けシーンなど、迫力ある場面が次々と登場します。

これまでさまざまなトラブルに見舞われ、オープンを断念していたパーク。しかし今回は最新システムにより安全が保たれ、なんの問題もなくパーク内を楽しめるように……なるはずもなく、制御不能な新種の登場、逃げ惑う来園者など、今作もパニック・サスペンス映画として気が抜けそうにありません。

製作総指揮は、本シリーズの第1作・第2作で監督を務めたハリウッドのヒットメーカー、スティーヴン・スピルバーグ。そして、初の長編作となったタイムトラベル・コメディ『Safety Not Guaranteed(原題)』が、サンダンス映画祭で高く評価された気鋭の新人、コリン・トレボロウがメガホンを務めます。

出演は、主人公に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で一躍知名度を上げたクリス・プラット、さらに『スパイダーマン3』『ターミネーター4』などのブライス・ダラス・ハワード、『アイアンマン3』の子役タイ・シンプキンズらが脇を固めます。

さらに本日、劇中の“ジュラシック・ワールド”を紹介した日本語版テーマパークサイトが公開。パークの最新情報を更新しているほか、マップでは「モササウルス、エサやりショー」や「白亜紀クルーズ」といったパーク内にある施設について案内。その他、パーク内のレストランメニューや、生息する恐竜の詳細などを説明しているので、こちらをチェックすれば映画をより楽しめるかも。……もちろん、架空のテーマパークですからね!

映画『ジュラシック・ワールド』第1弾予告映像(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=K9ZSveJNdf4&noredirect=1

『ジュラシック・ワールド』テーマパークサイトURL:
http://jp.jurassicworldintl.com/

(C) UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.

カテゴリー : 動画 タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP