ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京五輪で野球が復活も!? プロが参加した過去の大会(苦い記憶)をまとめてみた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オフシーズン真っ只中のプロ野球界に、ビッグニュースが飛び込んできた。6年後に開催が決まっている東京五輪で、野球競技が復活するかもしれないというのだ。

 8日に開かれた国際オリンピック委員会の臨時総会で、五輪開催都市が推す複数の競技を、追加種目として提案できる権利が承認された。これを受けて、2020年東京五輪では、野球が復活するのではないか? と報じるニュースが相次いだ。

 五輪で野球復活となれば、2008年の北京五輪以来となる。今回はプロ野球情報を毎日発信している『週刊野球太郎』編集部に、プロ選手が参加した2000年シドニー五輪から2008年北京五輪まで、過去の日本代表チームの戦いを振り返ってもらった。

     *   *   *

◎プロ選手参加は2000年シドニー五輪から

 この年から、プロ野球界から大物選手が五輪に参加するようになった。松坂大輔(ソフトバンク)、黒木知宏(元ロッテ)、松中信彦(ソフトバンク)、中村紀洋(元近鉄ほか)、田中幸雄(元日本ハム)、田口壮(元オリックスほか)ら、当時はパ・リーグに所属していたメンバー中心の8選手が参加。プロ・アマ合同チームとして、メダル獲得へ大きな期待が寄せられた。

 しかし、結果は無残にも初のメダルなしに終わる。準決勝のキューバ戦は0-3で完封負け。3位決定戦の韓国戦では、後にオリックス入りする左腕ク・デソン(元オリックス)の小気味よい投球に翻弄され、1-3で敗れた。このとき、日本代表としてマウンドに登り、ク・デソンと投げ合ったのが松坂大輔。来季からソフトバンクに移籍して、9年ぶりの日本球界復帰が決まっている。

 ちなみに、当時はアマチュア選手で、その後、プロ入りした選手も多かった。投手では渡辺俊介(元ロッテ)、石川雅規(ヤクルト)、杉内俊哉(巨人)らが、野手では阿部慎之助(巨人)、廣瀬純(広島)、赤星憲広(元阪神)なども参加していた。

◎オールプロで出場した2004年アテネ五輪

 シドニーの屈辱を晴らすべく、初めて全メンバーをプロ選手で固めて挑んだのが、2004年アテネ五輪だ。2大会連続出場となった松坂大輔や中村紀洋のほか、上原浩治(レッドソックス)や高橋由伸(巨人)、城島健司(元ダイエーほか)など、蒼々たるメンバーが集結。金メダル獲得を至上命題とされた全24人選手を率いるのは、あの長嶋茂雄監督……のはずだった。しかし、オリンピック開幕を迎える5カ月前に、脳梗塞で倒れた長嶋監督に代わり、本戦で指揮を執ったのは、中畑清監督代行。

 順調に勝ち進んだ日本代表の準決勝の相手はオーストラリア代表だった。ここでも松坂大輔が、8回途中まで13奪三振と好投しながら、打線が振るわず。後に阪神へ入団するクリス・オクスプリングと、阪神で「JFK」の「J」として君臨していたジェフ・ウィリアムスを打ち崩せず、0-1で敗れた。

 3位決定戦はカナダに11-2で大勝し、銅メダルを獲得した日本代表。この試合で本塁打を放った城島は「メダルの色は違うが後悔はない。胸を張って日本へ帰ることができる」とコメントした。

◎まさかの落球…屈辱の2008年北京五輪

 そして迎えた4年後の北京五輪。そろそろ金メダルを、と期待され、アテネ五輪と同様にオールプロで挑んだ大会だったが、残念ながら2000年シドニー大会と同じく、メダルなしに終わった。

 1次リーグから苦戦が続いた日本代表。キューバ、韓国、米国に敗れて4位通過で辛うじて突破。準決勝の韓国戦ではイ・スンヨプ(元巨人ほか)に本塁打を浴びるなど、2-6で敗れた。この試合で外野フライを落球したG.G佐藤(元西武ほか)を覚えているファンも多いだろう。

 続く3位決定戦の米国戦でも、フライを落球したG.G佐藤。荒木雅博(中日)、青木宣親(ロイヤルズ)の本塁打でリードを奪うも、痛恨の逆転負けでメダルを逃したのだった。

 こうして振り返ると、プロ選手参加後の五輪野球には、あまりいい思い出がない。東京五輪で野球が復活となれば、日本代表にとっては、まさに負けられない戦いとなるだろう。

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、今年限りで引退した選手たちの心揺さぶるヒューマンストーリーを紹介。また、プロ、アマ、メジャーの今年を振り返るクイズも開催中!
 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑 for auスマートパス』では、プロ12球団にオススメする来年度のドラフト候補を一挙公開! 新刊『野球太郎No.013~2014ドラフト総決算&2015大展望号』は、ドラフト指名選手81名、育成ドラフト指名選手23名のデータに加え、2015年度のドラフト候補選手88名も掲載!

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。

※『週刊野球太郎』はauスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードに対応、『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』はauスマートパスのみ対応しています。

■関連リンク
球界の人気者同士が真剣対決
プロ野球、「背番号20」の逸話
野球選手とゴルフの密接な関わり

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP