ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

35周年イヤーに舘ひろし演じる鳩村刑事の愛機を再現! 『スズキ GSX1100X カタナ 【西部警察ver.】』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


テレビ朝日と石原プロモーションが制作を手掛け、スタントや爆破シーンの壮大なスケール感が人気を博した80年代の伝説のドラマ『西部警察』。その放送開始から35周年、放送終了から30周年というアニバーサリーイヤーである2014年の最後を飾るアイテムが登場しました。トミーテックは、“大門軍団”の一員、舘ひろしさん演じる鳩村刑事の愛機を再現した1/6スケールモデル『スズキ GSX1100X カタナ 【西部警察ver.】』を12月に発売します。


『スズキ GSX1100X カタナ』は、1982年に放送を開始した『西部警察 PART-II』に登場。ドイツでの発表時には、その先鋭的なデザインから「ケルンの衝撃」と評された『スズキ GSX1100カタナ』をベースにした特別仕様車で、黒のペイントに加えシート、リアフェンダー、ライトレンズにカスタマイズを施しています。その後『西部警察 PART III』で大破・炎上するまで部品交換などグレードアップを経て活躍しました。


製品の開発時には石原プロモーションの協力により実車を取材、独自のランプ類やシート、リアフェンダーなどを、全長約355mmの1/6スケールで忠実に再現しています。



エンジンナンバーは実車と同じ番号を再現、駆動チェーンは金属部品を1コマずつ組み合わせるなど細部までこだわり、大人になったファンを納得させるハイエンドモデル。希望小売価格は12万8000円(税抜き)です。

ラインナップ 西部警察(トミーテック)
http://www.tomytec.co.jp/minicar/lineup/seibu/index.html

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP