ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

備え付けセンサーで高さを変えられるデスクがあなたの健康をサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ずっと座りっぱなしというのは体によくないらしい。最近の研究では、座り姿勢を続けることで心臓病や糖尿病などのリスクが上昇することがわかっている。

とは言っても、デスクワークが多い人はどうしても机にかじりついて仕事をこなすことになる。

そこで、このほど登場したのが、高さを自由に変更できるデスク「MisterBrightLight」。デスクに備わったセンサー部分に手をかざして高さを調整し、また専用アプリでタイマーを設定することもできるというものだ。

手をかざして自由調整

仕事中でも、1時間おきに5〜10分歩き回るなどすればいいが、忙しいときなどはそうもいかない。そこで、MisterBrightLightではそろそろ立ち姿勢をとりたいというとき、センサーで机をさっと上げられるようになっている。

デスクの端についているセンサーに手をかざすと、パソコン作業などをしていても、デスクのトップ部分を上げ下げでき、ユーザーは立ったり座ったりしながらそのまま仕事を継続することができる。

アプリでタイマー設定も

しかし、仕事に夢中になっていると、高さを変えること自体を忘れてしまうこともあるだろう。専用アプリ(iOS)では、一定の時間で高さが変わるようにタイマー設定することができる。

また、面白いのが立ち姿勢による消費カロリーをアプリに表示する機能。座り仕事のいくらかを立って行うことで、健康増進を図るだけでなく、意識してカロリー消費をすることにつながり、ダイエットにも役立てられそうだ。

加えて、デスクの縁の色を変えたり、スマートフォンなどをワイヤレス充電したりする機能もある。

MisterBrightLightはオランダのスタートアップが開発し、値段は1684ユーロ(2069ドル)からとなっている。世界各国に発送してくれる。

MisterBrightLight

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP