ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホ画面を腕にディスプレイするブレスレット型ガジェットがスゴイ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマート・ウォッチやGoogleグラスなど、このところ急速に開発が進む“ウェアラブル・デバイス”。

そんな中、パリを拠点に活動するテクノロジーチームが、「Cicret Bracelet」というブレスレット型のウェアラブル・デバイスを開発している。

このCicret Bracelet、アプリでIDなどを登録すれば、スマートフォンの画面を腕に投影し、そこで操作をすることができる。

つまり、自分の腕が2番目のディスプレイになるというわけだ。

まずは、腕を一振りして起動。

その後は、自転車走行中にナビ代わりにしたり、待ち時間にゲームをしたり、スピーカーホンとして電話をしたり。

スマホ本体からリモートコントロールしているので、外出先でいちいちカバンから取り出す必要もない。

また、お風呂の中でメールチェックなんてことも可能に。

チームは開発費として100万ユーロ(約1億4800万円)を見込んでおり、現在公式サイトから寄付を募集中。

個人でも1ユーロ(約148円)から寄付できるので、興味がある人は検討してみてはどうだろうか?

すでに、スマホを腕に投影できるというのは、かなり便利。

ぜひ、商品化までこぎ着けてもらいたいところだ。

Cicret Bracelet
http://www.cicret.com/wordpress/

デバイス(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP