ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本は“お米”じゃないの?世界地図を食べ物で作ったらこうなった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界に存在する、さまざまな食文化。

「その国のことはよく知らないけど、食べ物のことなら知ってる!」なんてことも少なくない。

世界各国を象徴する食材を使って製作された「食の世界地図」を見ると、国の形と食文化を一度楽しみながら覚えることができる。

フードフォトグラファーのHenry Hargreavesさんと、スタイリストのCaitlin Levinさんが制作したこの世界地図。

まず、イタリアは「トマト」。パスタにピザと、日本でもかなりおなじみのラインナップだ。

インドと言えば、やっぱり「スパイス」。

中国版は、日本人も大好きな「麺」が登場。

アフリカは「バナナ」。

フランスは、オシャレに「チーズ」と「パン」。

イギリスとアイルランドは「ビスケット」。ここだけお菓子が登場した。

温暖な南アメリカは「柑橘類」。

ニュージーランドは「キウイ」。日本でも「ゼスプリ」でお馴染みだ。

そして日本は、「海藻」!?

…ん?海藻??

冷静に考えるとわからなくもないが、なんだか釈然としないこの感じ。

自国のイメージは、ときどき他国からの印象と違うらしい。そんなことも窺い知ることができる作品だ。

見ているだけでも楽しいので、ぜひウェブサイトもチェックしてみて。

Hargreaves and Levin
http://www.hargreavesandlevin.com/

食べ物(まとめ)
写真(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP