体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1本1852円!? キッコーマンのプレミアムしょうゆを試食してみた

1本1852円!? キッコーマンのプレミアムしょうゆを試食してみた
 素材にそのままかけてよし、煮物に使ってよし、洋食の隠し味に使ってもよし、と日本の食卓に欠かせない調味料・しょうゆ。海外旅行に携えていく人も多いのでは?

 そんなしょうゆの国内最大手メーカー・キッコーマンが、プレミアムなしょうゆ「亀甲萬 しぼりたて生醤油 御用蔵生」を発売した。その内容は「昔ながらの醸造方法で宮内庁でも使われるしょうゆも造っている蔵で造った2年熟成もので、今年は2万本限定販売、価格は450ml入りで1本1,852円」。これだけで特別なしょうゆだと感じさせる内容だ。

 この特別なしょうゆを試食できるイベントがあると聞き、足を運んでみた。
1本1852円!? キッコーマンのプレミアムしょうゆを試食してみた イベント会場は東銀座駅、歌舞伎座地下の木挽町広場。さすが休日の銀座、多くの人で賑わっている。和菓子などのブースが連なる通りを歩いていくと、キッコーマンのブースを発見。
1本1852円!? キッコーマンのプレミアムしょうゆを試食してみた 試食ブースでは、ハッピ姿のお姉さんたちが迎えてくれた。早く試食してみたいが、なにせ一本1,852円もするしょうゆだ。まずは何がそんなにプレミアムなのか、市販品との違いをキッコーマン食品株式会社プロダクト・マネジャー室の伊藤さんに聞いてみた。
1本1852円!? キッコーマンのプレミアムしょうゆを試食してみた 「まずは醸造場所が特別な場所にあることです。宮内庁に納めるためのしょうゆを造る専門の醸造蔵(千葉県)で仕込んでいます。

 次にその製法です。通常のしょうゆは食塩水を使って仕込むのが一般的ですが、御用蔵生は、蔵で1年発酵・熟成させた『生しょうゆ』を仕込みに使い、二段熟成をしています。

 しょうゆを原料に仕込んでいるため、使う大豆や小麦の量も通常の2倍です。さらに仕込み方法は、しょうゆが一番美味しく造れる時期に仕込む『寒仕込み』。これにより力強い色と味を実現しているのです。

 通常、宮内庁で使われる醤油しょうゆは1年の熟成期間で造られますが、『亀甲萬(スペース)しぼりたて生醤油 御用蔵生』は熟成期間も2年で、さらに火入れもしていません。そのため、宮内庁に納めているしょうゆより、手間ひまがかかっています」

 さらに、こだわりのポイントとして「原材料となる大豆、小麦、食塩はすべて国産の物を使用しています。また、このしょうゆを醸造している御用蔵では、創設にあたる昭和14年から同じ杉の樽を使用し、季節の気温の変化を活かして旨みを引き出しているのです」と補足する。

 ワンクラス上のしょうゆには、それだけの時間と手間がかかっていることがわかる。それでは、いざ試食!
1本1852円!? キッコーマンのプレミアムしょうゆを試食してみた
 ゴールドが基調になった、和紙調のフィルムに包まれた高級感あるパッケージ。

1本1852円!? キッコーマンのプレミアムしょうゆを試食してみた 左が市販されている「いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ」、右がプレミアムしょうゆの「御用蔵生」だ。鮮やかな明るい色の市販品に比べて、御用蔵生は色が濃く、深みのある色をしている。
1 2次のページ
Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。