体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

疲れた心にあたたかなランタンの光はいかが? 『シーズンズランタン2015』フォトレビュー

TOP

アウトドア用品ブランド、コールマン ジャパンが“OLD AMERICAN BLUE アメリカの青春の、青。”をコンセプトカラーにした『アメリカン ヴィンテージ・シリーズ』を、12月1日より先行発売中。キャンプの原型ができた1960年代アメリカを彷彿とさせる、レトロでおしゃれなシリーズです。今回は、このシリーズの中から『シーズンズランタン2015』をフォトレビューいたしました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/725072

製品

ランタンはコールマンのロゴにも入っていることからもわかるように、コールマンの象徴ともいえる存在。“真夜中の太陽”というニックネームで100年以上愛されている代物です。

ケース

コールマン ジャパンからは、毎年『シーズンズランタン』という季節限定販売のリミテッドエディションのランタンを発売しており、こちらの製品はこのシリーズの2015年版に位置づけられています。2015年は『シーズンズランタン』シリーズ10周年を迎えるとあって、特別感がさらに増しています。

貝殻のように開閉する“クラムシェル”型のオリジナルキャリーケースは、本体色のターコイズブルーとあえて同色ではなく、アメリカンヴィンテージを象徴しつつ、本体のカラーがより映えるレッドカラーを採用。

グローブ

グローブには1960年代アメリカを彷彿とさせる自動車モチーフのエンブレム。レトロポップなイラストが本体のカラーにマッチしています。

教えて! コールマンさん
~初心者でもできる! ランタンの使い方~

最近はLEDで簡単に明かりを灯すこともできますが、やはり本物の火を使った光の温かみは格別です。とはいえ、使ったことがないと難易度が高そうに見えるランタン。コールマン ジャパン広報さんに、ランタンの使い方を教えていただきました。

道具

必要な道具は、はさみ、マントル、着火ライター、燃料、漏斗の5点。

オイル

まずは燃料キャップを外し、漏斗を使って燃料を入れます。

『シーズンズランタン』は、専用のホワイトガソリンが燃料。コールマン社の『フューエルファネル』という漏斗を使うと、特殊フィルター付きなので、ゴミなどの入らないように給油ができる上、十分な量(燃料タンクの8分目)になると燃料が吸い込んでいかないので便利です。

ポンプ
1 2 3次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。