ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー・スウィフト 全米シングル・チャート4週目の首位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アルバム『1989』と共に、「ブランク・スペース」が4週目の首位!テイラー・スウィフトが今週もNo.1を死守した、12月20日付HOT100チャート。

 2014年の年間チャートでは、登場たった3週で3位にランクインするという強さをみせた、テイラー・スウィフトの『1989』。同じく、4週のNo.1をマークした、1stシングル「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」は、年間13位にランクインし、今週も引き続き6位をキープしている。そして、アルバムからの2ndシングルである「ブランク・スペース」は今週も1位の座を譲らない。まさに新女王として君臨するテイラー、2015年の年間チャートでは、この曲でTOP10入りを狙いたいところ。

 その座を狙うように、徐々にポイントを伸ばし、今週自己最高位の2位まで上昇したのは、ホージアの「テイク・ミー・トゥ・チャーチ」。教会出身の彼らしい、このサウンドがこの時期にもマッチしていることから、クリスマスシーズンに向けてエアプレイの上昇、No.1の入れ替わる可能性も高いとみられる。

 また、テイラーと共に上位を独占していた、メーガン・トレイナーのデビュー曲「オール・アバウト・ザット・ベース」は3位にダウンしたが、かわって2ndシングルとしてリリースされた、「リップス・アー・ムーヴィン」が、先週の13位から8位へ、2作連続のTOP10入りを果たした。
 8週間の首位をマークしたデビュー曲の勢いもあり、この曲も続けてNo.1を獲得することも期待されている。さらに来年、1月13日には、両曲が収録される自身のフル・デビューアルバム『タイトル』がリリースされることから、プロモーション効果によって順位を伸ばすことが予想される。9月にはテイラーから首位の座を奪い、11月に再び奪われ、さらにこの曲でリベンジなるか!?両者の対決から、目が離せない。

 TOP10入りを狙うのは、13位に浮上したビヨンセの「7/11」。今年の年間アルバム2位をマークした、5thアルバム『ビヨンセ』に、新曲2曲、リミックス4曲をプラスした『ビヨンセ・プラチナ・エディション』の新曲の1曲で、下着姿で踊るPVが色んな意味で話題を呼んでいる。アルバムこそ大ヒットを記録しているものの、シングルでのNo.1獲得は、2008年末の「シングル・レディース」以来、実現していない。HOT100チャートでも、久々に女王の貫禄をみせていただきたいものだ。

 ホリデーシーズンの女王という異名もついたマライア・キャリーは、今年も「恋人たちのクリスマス」がリ・エントリーとして50位にランクイン。クリスマスソングとしては、もっとも売れた曲として殿堂入りしている。

関連記事リンク(外部サイト)

12月20日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
12月20日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
全米年間チャート発表、シングルは首位獲得最長記録のファレル「ハッピー」がNo.1に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP