ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1D、テイラー、マーク・ロンソンのTOP3が不動の洋楽チャート、クリスマス・ソングも続々とランクイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先週からTOP3に全く変動がない今週のBillboard JAPAN洋楽チャートだが、12月に入りクリスマス・ソングが続々とランクインしてきた。

 1位のワン・ダイレクションの「スティール・マイ・ガール」、2位のテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」、そして3位のマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が、再びTOP3を制した今週の洋楽チャート。1位をを死守したワン・ダイレクションの「スティール・マイ・ガール」は、エアプレイ・チャートでも2週連続1位を記録、その衰えない勢いを見せつけた。テイラー・スウィフトは、エアプレイ・ポイントにおいては、ワン・ダイレクションの半分あまりだが、デジタル・セールスが依然好調で、今週も2位に。また、本国イギリスではクリスマスNo.1の候補にも上がっているマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」は、エアプレイ、デジタル、ツイートのポイントをバランスよく蓄積し、3位をキープした。

 そんな中、12月に入り、次々とチャートインしているのは、クリスマス・ソング。先週9位だったイディナ・メンゼルの「クリスマス・イブ」は、今週5位に。そして今年リリースから20周年を迎えたクリスマス・ソングの代表格マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が7位、ワム!の「ラスト・クリスマス」が12位、アリアナ・グランデの「サンタ・テル・ミー」と「ラスト・クリスマス」が15位と16位に登場しており、こちらはクリスマス・ソングではないが、アース・ウィンド&ファイアーの「ディセンバー」も13位にランクインしている。

 先週末には【グラミー賞】ノミネート作品が発表され、これから各メディアの年間ベストも公開する時期に入り、来週からは今年1年間でヒットした楽曲も再びチャートインしてくることが予想される中、ワン・ダイレクションの「スティール・マイ・ガール」が王座をキープすることが出来るか、来週のチャート動向にも要注目だ。

関連記事リンク(外部サイト)

12月15日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート
ザ・シャーラタンズ 「ハッピーにしてくれるような曲を書くようにした」、ドラマーの死を乗り越え完成した最新作を発表
全米年間チャート発表、シングルは首位獲得最長記録のファレル「ハッピー」がNo.1に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP