ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重さわずか55グラムの飛行ドローンで、美しい空中写真を撮影しよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、通販会社のAmazonが、無人飛行ドローンによる配達のテスト運用をしたことが話題になった。飛行ドローンによる空中撮影技術も開発されてきているようだが、特殊な機関や企業が用いるものであったり、一般の人が利用しようにも高価でなかなか手が出ないものであったりした。

わずか55グラムの空中撮影飛行ドローン

現在、カメラ市場ではGoProが注目を集めているようだが、今回紹介する「ZANO」は、そこに一石を投じるツールになりそうだ。Torquing groupが開発中空中撮影用の飛行ドローンで、重さはわずか55グラムという軽さ。

「ZANO」には、“有効距離”を認識する機能があり、コントローラーであるスマートフォンとのコネクションをキープする。“Capture”“Free Flight”2つのモードが用意されており、ボタン1つでモードをチェンジ可能。

この“有効距離”を活用した“Follow Me”という機能があり、コントローラーから一定の距離と高度を保ち滞空を続ける。おかげでユーザーは、ドローンの位置を調整しながら撮影をする、という難しい荒業をしなくて済む。

「ZANO」には特殊なセンサーが搭載されており、これが障害物を避けたり、コントローラーとのコネクションをキープするのに役立っている。また、スマートフォンを左に傾けると前進、右に傾けると後退、といったようなジェスチャーコントロールもおこなえるようになっている。

遠くに行き過ぎたり、ローバッテリーになると自分で戻ってくる

この「ZANO」がすごいのは、あまりにも遠くに行ってしまったり、自身のバッテリーが少なくなると、自分でコントローラーの方に戻ってきてくれる点。急にバッテリーが切れて、飛行ドローンが行方不明になってしまう……という事態を防げるのだ。

5メガピクセルHDの録画が可能、ドローンは天候にも寄るが10~15分間の継続飛行が可能だ。また、コントローラーから15~30メートルの有効距離となっていて、ドローン本体はMicroUSBで充電をおこなう。iOS、Androidの両方に対応している。

「ZANO」の希望小売価格は、専用のケース付きで184.95ポンドとなる見込み。決して手が届かない価格ではないのも魅力だろう。資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中で、早くも目標金額の5倍の投資資金を集めている。キャンペーンの達成金額次第では、将来的に1つのコントローラーで、数体のドローンを操作できる“swarm”機能の追加なども考えているという。興味がある人は参加してみては。

ZANO

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP