ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LiLiCoが選ぶ2014洋画No.1! わずか1館の公開から140館越えの拡大公開となった映画『チョコレートドーナツ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

仮ビジュアル
口コミが口コミを呼び、わずか1館の公開から140館越えの拡大公開となった映画『チョコレートドーナツ』。1970年代のアメリカでの実話をもとに、育児放棄された子どもと家族のように暮らすゲイカップルの愛情を描いたヒューマンドラマです。

12月2日よりBlu-ray&DVDが発売となりましたが、本作のヒットを生み出した映画コメンテーターのLiLiCoさんが本作の魅力を解説。イベントでは主題歌「I Shall Be Released」をギター生演奏で熱唱しました。「間違いなく、今年の外国映画でナンバーワン!」と熱く語るLiLiCoさんのコメントは以下のとおり。

チョコレートドーナツ
Q1:今回、『チョコレートドーナツ』がBD&DVD発売になったことを受けて。

LiLiCo:間違いなく、今年の外国映画でナンバーワンです! なかなか出合わない傑作で、最初に観た時は腰が抜けて立ち上がれなかったほど。魂が震えました。わたしたちはマスコミ試写会で早い段階で作品を観ますが、いまだに感動が体の中に残っている。皮膚の下に潜り込んでいる。「王様のブランチ」では我慢できなくなって泣いてしまったけれど、スタジオの皆も作品を観ていてくれて、一緒に話せてうれしかったですね。皮肉なもので予算的にテレビスポットを打てないけれど、傑作だったのでWEBなどのメディアのおかげで広まったと思っています。

公開当時、マイノリティーはなかなか紹介してくれないと、宣伝さんが泣いていた姿を見て悔しくて。それこそが偏見だと思っていたので、上映館が100館を超えた時は社会に立ち向かえたような気がして、映画とリンクしていると思いました。こういう作品を広めたい。それがわたしの仕事なんです。ラインナップの問題で一週間早く「王様のブランチ」で紹介したけれど、人って忘れちゃう。だから、「来週の公開なので、忘れないでください」とテレビで初めて言いました。その放送後、控室に戻ったら、急上昇ワードランキングに上がっていたことがうれしかったですね。

Q2:改めまして、この『チョコレートドーナツ』の見所は、いかがでしょうか?

LiLiCo:マイノリティーとマイノリティーが合体した時に、最高のものが生まれる。これが、この映画のいいところですね。実は、もっと日本人に観てほしい。オリンピックでおもてなしが注目されたけれど、大事なことは“おもいやり”じゃないでしょうか。わたしは26年間、日本人を研究していますが(笑)、確かに世界一細やかで丁寧ですばらしいです。電車もテレビもレストランのサービスもいいけれど、ただ、おもいやりを大事にしたほうがいいと思うことがあります。他人のためにドアを開けるとか、隣人の目を見て心配するとか、思いやりの心に磨きをかけてほしい。人のことを気にすることが大事です。隣の人元気かな? と思うかどうか。心の問題ですね。

Q3:ホームレス生活やハーフに対する扱いなど、経験とリンクしたそうですね?

LiLiCo:でも車の中の5年間の生活は、楽しかった。むしろ、テレビに出るようになってからが大変で、26年前の日本はハーフの芸能人をまったく受け入れてくれなくて、ドラマも映画もまるで役柄がない。仕事がない。当時は、モデルはハンガーで、洋服以上に目立ってしまうとNGでした。いまはいろいろなハーフがいますが、冷静に考えると当時の日本は個性が邪魔する国でした。だから、最初は居場所がなかったですね(笑)。

個人的な経験で言うと、この映画のマルコみたいな子がスウェーデン時代のマンションに住んでいて、ヨナス君といいますが、その子の面倒をよく看ていました。わたしも小さかったけれど、いつも家に連れてきては、一緒に遊んでいましたね。だから、なおのこと『チョコレートドーナツ』はリンクして、応援したくなったと思う。

『チョコレートドーナツ』みたいに、考えさせてくれる映画は一番好きですね。人生や生き方について考えさせてくれる。この映画の感想について、ネガティヴな言葉は一回も聞いてない。これは初めてのことかもしれない。映画は好みなので、皆が面白いと言う映画はないけれど、本当に何回観ても、いろいろな部分で考えさせられる映画。自分が優しくなれる。それを日々の生活で忘れてしまうけれど、最終的には人間対人間なんですよね。

choco_main
『チョコレートドーナツ』ストーリー

カリフォルニアで歌手になることを夢見ながら、ショウダンサーとして日銭を稼いでいるルディと、正義を信じ、世の中を変えようと弁護士になったポール、そして母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年マルコは、家族のように寄り添って暮らしていた。しかし、ルディとポールはゲイであるということで好奇の目にさらされ、マルコを奪われてしまう。

口コミで大ヒット! 『チョコレートドーナツ』監督&キャストコメント
https://www.youtube.com/watch?v=9O_9IQGkrHE

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。