体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BOMI ”さよならミゼラブル” インタビュー

select_2992

BOMIが約1年ぶりのリリースとなる配信シングル”さよならミゼラブル”をリリースする。この1年はニューアルバムに向けてレコーディングを終えた楽曲はあるがリリースできないという閉塞的な状況のなかで彼女はもがいていた。なかなか前に歩を進めない。たくさんの別れも経験した。それでも彼女は立ち止まることだけはしなかった。この”さよならミゼラブル”というバラードには、BOMIというシンガーの今が——サウンドの美学も、歌に対する自尊心も、大衆音楽であろうとする意志も——凛とした強さで刻みつけられている。このインタビューも率直な語り口で応じてくれた。

 

 

——今日は配信シングルとリリースが途絶えていたこの1年の変化について聞けたらなと思っていて。

BOMI「よろしくお願いします」

——BOMIちゃんには先日僕が主催したイベントにも出演していただいたんですけど、バンドの編成が変わって明らかにライブがよくなったじゃないですか。BOMIちゃんのボーカリストとしての求心力も劇的に高くなっていて。

BOMI「ありがとうございます。この1年を振り返ると、やっぱりもう少し早く作品をリリースしたかったから、そのもどかしさはずっとあって。特に今年の前半はいろいろと環境の変化があったから、いろいろ大変でしたね。気持ちのもっていきどころがなかったというか」

——アルバムに向けてレコーディングを終えた曲はあったけど。

BOMI「そう。次にあれをやりたいこれをやりたいと思っても、まず録った曲をリリースできてないから気持ちも次に行けないんですよね。そういう時期を経て、この“さよならミゼラブル”という曲はやっといろんなことにいい意味でお別れができる感じがあって」

select_2900

——うん、そういう曲ですよね。そんな閉塞感に満ちた状況でもライブは新しい編成ですごくポジティブにやっていたと思うんですけど。どういうところでモチベーションを保っていたんですか?

BOMI「モチベーションを保てたのは音楽と違うことをやったからかな。夏にはお芝居のワークショップに行ってみたりとか。そのときに熊切(和嘉)監督に出会って。私のお芝居をすごく褒めてくれたんですよ。それで『私はやっぱり表現することがすごく好きなんだな』と思って。そういう音楽とは別の方向から自分の意志を再確認できたりして」

——音楽以外でもアウトプットできることがあればしたいし。

BOMI「そうですね。あとは、単純にお芝居をするのが楽しかった。私は感情の起伏が激しいから、日常生活ではそれをあまり表に出さないようにしてるんですよ。だから、お酒を飲んだときとかにひどくなるんですけど(笑)」

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会