ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝、24インチマルチタッチ液晶を搭載した巨大なAndroidタブレット「Share Board」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東芝ライフスタイルは、12 月 4 日、24 インチの大画面液晶を搭載した Android タブレット「Shared Board」を発売しました。Shared Board は業務用として販売されます。Shared Board は、10 点マルチタッチに対応した 24 インチフル HD の大画面液晶を搭載し、縦置き・横置き・平置きで設置できることから、店頭やショールーム、オフィス、ホテルなどに設置し、デジタルサイネージや案内表示ディスプレイなどの用途に適していると言われています。また、A3 サイズもフルサイズで表示できることから、資料読みのツールにも最適。独自機能として 2 つのアプリを同時に起動できる「ダブルウィンドウ機能」も搭載しています。さらに、Miracast にも対応しているのでスマートフォンやタブレットの画面ミラーリング用にも利用できます。基本スペックは、24 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、1GHz デュアルコアプロセッサ、1.5GB RAM、16GB ROM、スピーカー・マイクを搭載。通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth、IR(リモコン用)に対応。OS は Android 4.2.1 です。Source : 東芝ライフスタイル


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、GalaxyデバイスのAndroid 5.0アップデート開始を発表、Galaxy Note EdgeやGalaxy S 4、Galaxy Tab Sなどは来年初旬より実施
エイチーム、Android用着せ替えアプリ「[+]HOME」の有料テーマ 700種類を無料化、1,000万ダウンロードを記念して
Nexus 6が英国のO2 UKから発売、米国以外では初

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP