ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活繰り下げで「学業に専念できると思う」わずか14% 「逆に準備早まっている」結果に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アイデムの「人と仕事研究所」は12月3日、「大学3年生・大学院1年生の就職活動の実態」の調査結果を発表した。就活開始は12月から3月に繰り下げになったが、逆に就活準備が「早くなっている」ことがわかった。

対象は2016年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している男女445人。2014年11月1日の時点では、75.5%の学生が就活について「準備活動段階」だと答えた。昨年同時期に「準備活動段階」だった学生は60.7%で、約15%増加している。
企業の思惑「学生とのつながりを早期に取りたい」

具体的に行っている就職活動の準備・対策としては、最も多かったのが「就活ナビサイトへの登録」(85.2%)。続いて「キャリアセンターの就職活動ガイダンス、セミナーへの参加」(57.4%)、「自己分析」(45.6%)、「インターンシップ」(44.5%)という順となっている。

特にインターンシップに取り組む学生の割合は、前年同時期の調査(22.7%)から倍増している。この傾向について、アイデム人の仕事研究所の古橋孝美氏はこう分析している。

「すでに『企業からイベントや選考の案内など接触があった』という学生も6割おり、就職活動時期の繰り下げで、学生とのつながりを早期に取りたい企業の思惑も見えてきます。売り手市場となった影響か、学生の意識がやや強気になっているのも印象的です」

もともと、就職活動開始時期の繰り下げは「学業に専念してもらうため」とされている。しかし、実際に繰り下げで「専念できると思う」と回答した学生は、わずか13.9%にすぎない。

逆に「専念できると思わない」(50.3%)、「就職活動の開始時期と学業に専念できるかは関係ない」(22.5%)という学生が7割を超えている。多くの学生は、就活開始時期が繰り下がっても、学業の専念にはつながらないと考えているようだ。
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP