ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

卵ラバーに朗報! 卵はいくらでも食べていいらしい~マガジンハウス担当者の今推し本『卵を食べれば全部よくなる』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは、マガジンハウスです。
みなさんは卵を食べるとき、なんとなく“一日1個”と上限を決めてませんか? 本当はもっと食べたいですよね、卵。でもなぜか、食べすぎはよくないと考えてセーブしちゃってますよね。
今回は、そんな我慢中の卵ラバーはもちろん、「卵、好きでもないし嫌いでもない。ふつう」という方でも、今日から卵を食べまくりたくなるような一冊をオススメします!

――――この本を手掛けてから、周囲の人に卵の素晴らしさを布教してまわっていると噂の担当Hさん! なぜそこまで“卵推し”なんですか?

H「モグモグ……(ゆで卵をほおばりながら)、だって卵って、ほとんどの栄養素がバランスよく含まれているスーパーフードなんですよ。特に、動物性たんぱく質を効率よく摂るには、卵がいちばん。血、骨、皮膚、脳など、からだは全部、動物性たんぱく質でできているのに、十分摂れていない人が、とても多いんです」

――――肉とか魚も動物性たんぱく質ですよね。

H「そうなんだけど、たとえば肉でたんぱく質を摂取しようとすると、どでかいステーキ食べなきゃいけなかったりしてしんどいですよね。脂も気になるし、ボリューム的にも金銭的にもヘビーで毎日は続けられない。その点、卵は食べやすく価格も安定していて、簡単にたんぱく質が摂れるんです」

――――でもでも、私だって卵は好きだからいっぱい食べられるけど、あんまり食べすぎちゃダメっていうか……。

H「それ! それなんですよ、卵の悲劇は。卵はこれまで、あらぬ誤解を受けて、食べる量をセーブされてきたんです。その原因の筆頭がコレステロールですね。まず、卵を食べすぎてもコレステロール値は上がりません。そして、コレステロール自体も、決して悪者ではないんです。それについては、本に詳しく記してあります」

――――そうなんですか! 卵さんもコレステロールさんも、誤解から悪者扱いされてたんですね(T-T) 。この本で汚名返上させましょうよ。でも、セーブしなくてもいいとはいえ、適量っていうのはありますよね。一日でどれぐらい食べるといいんですか?」

H「いくらでも食べていいんです!」

――――えっ。

H「いいんです。卵は、どんなに食べても大丈夫。脂質や炭水化物と違い、摂りすぎてダメということはないんです。とはいえいきなり1日10個というのも難しいでしょうから、まずは3個ずつぐらいからどうぞ。私は、今まで週に1カートンしか買っていなかった卵を、3カートンに増やしました」

――――3倍! それで、Hさん自身は何かいい変化、ありましたか?

H「やっぱり髪の毛かなあ。卵がいま注目され始めている理由のひとつに、アンチエイジングフードとして優秀だというのがあるんですよね。私、ちょっと抜け毛が気になる時期があったんですが、卵を食べるようになってから、抜け毛は減ったし、髪自体がしっかりしてコシが出てきました。あと爪も丈夫に、艶やかになってきました」

――――それは魅力ですね! ほかにはどんないいことが?

H「本のタイトルに『全部よくなる』とあるように、全部よくなります(笑)。うつ・メタボ・認知症を防ぎ、美肌効果もあり、頭も冴えるし、背も伸びる」

――――背も! すごい、ほんとに“全部よくなる”! ところで、Hさんおすすめの食べ方は?

H「私は、気付いたら食べるようにしているので(笑)、半熟卵をいっぱい作って味玉にして、冷蔵庫に常備してます」


室温に戻してから茹でろとか、うるさいことは無視。冷蔵庫から出した卵を熱湯に入れて、7~8分で完璧な半熟卵に。これは7分。
「ゆるゆるの黄身に塩をふってしばらく置くと、自然にしまってきて、さらに美味い。トリュフ塩がマイブーム!」(Hさん)

――――おいしそう! 半熟卵をきれいに作るコツはあるんですか?

H「それが特にないの。ただ卵を沸騰したお湯に入れて7~8分。これでOK。調理が手軽なのも卵の長所ですね。目玉焼きや、オムレツ、スクランブルエッグだと、調理に油が必要だけど、ゆで卵なら余分な油を取らずに済むのもいいところ」

―――だんだん、卵を常に携えているHさんが、ある方(元野球選手)にダブってきました。

H「……うん、まあ、それはおいといて、故・森光子さんも毎日卵を大量に食べていたという噂です。アンチエイジングのスペシャリストのオーガスト・ハーゲスハイマーさんも、50代とは思えない驚異の若々しさですよ。彼も卵に関する著書を出されていますね」

――――この本には、卵料理のレシピも紹介されていますね。ふわふわオムレツ、今日早速作りたくなりました!

「はい、どれも簡単に短時間で作れます。外食するときは、卵1個をプラスするよう意識するといいですよ。牛丼を食べるなら卵を追加、ハンバーグなら目玉焼きをトッピングしてもらうとか」


オムレツは、卵3個を使うと作りやすい。
「これまで我慢して2個でつくっていた自分を反省。好きなだけ食べていいんだ~。ちょっとフォトジェニックじゃないけど……栄養価に問題なし! 中身はトロトロの半熟で」(Hさん)

――――私、割と生卵が好きなんですが、生でもアリですか?

H「実は、栄養面でいうなら生で食べるのがベストなんですよ。消化の良さでいうなら半熟がベスト。特に日本は、衛生的にもちゃんと管理されているから、卵を生で食べられる環境にある。これは世界でも珍しいことなんですよ。“生卵を食べるのは、日本人とロッキー・バルボアだけ”と言われてますもんね。物価の変化にもあまり左右されないし、日本はとても卵を食べやすい国なんです!」

――――しかしHさん、本当に卵愛が強いですね!

H「まだ全然話し足りないですよ~。でも、続きは本書で! というのがよさそうですね」

――――はい、そうしてください。今日はありがとうございました。LOVE EGG!


おまけ。色が違っても栄養価は同じです。黄身がぷりっとしているのは、新鮮な証拠。

今週の推し本

■卵を食べれば全部よくなる (佐藤智春 著)
ジャンル : 実用
ISBN : 9784838727223
定価 : 1404円 (税込)
発売 : 2014.12.04
http://magazineworld.jp/books/paper/2722/

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP